Eighter -Scarlet Nocturne-
30ther 〜二人の影法師邂逅 D〜



#7
乾藤葦嵩(いぬいとう・あしたか「シアめ、後で覚えておけよ……」
 こうなっては仕方がない……葦嵩(あしたか)一人でEighter・有嗎幇(ユーマハン)連合軍に立ち向かうしかない。
新田姜馬(きょうま)(奇しくもあの時と同じ……か……)
 サウソール・シーヴィレ遺跡の戦闘を思い出す姜馬(きょうま)。
 それはさておき、今姜馬(きょうま)が気になって仕方がないのは天音(あまね)シアであった。何せ情報がない……未知の相手という
のは情報厨の姜馬(きょうま)にとっては恐怖の対象であるとともに魅惑の対象でもあるのだ。
姜馬(きょうま)(奴がどう動くかによってこの死合がどう転ぶか分からない……と、いうことはないとは思うが、用心するに
越したことはないからな……)
 と、そんな時、その空気をブチ壊すように梶太郎(かぢだろう)が叫ぶ
化野梶太郎(あだしの・かぢだろう)「おっしゃ〜〜!どうやらショートコントは終わったようだな。だったら行くぜ!」
梓與鷹(よたか)出音(でおん)・グロウシュベル「ま、待てッ!」
 このパターンは、マズイ!と與鷹(よたか)出音(でおん)が思ったが、時すでに遅し
梶太郎(かぢだろう)虎伏絶掌(こふくぜっしょう)!」
 エンジンがかかるまで時間がかかるパワーアップを発動すると満足気に一歩退く梶太郎(かぢだろう)。
 もはやお前、死合うの面倒になったからコレで時間稼ぎするつもりではあるまいな?とEighter一行は心の中で
思うのであった。
旧透水(ジウ・トウシュイ)「……ま、まぁいい……でハ、こちらも行かせテもらおう。幽闘術、黒兎の戦車道(ラビット・タンク)葦嵩(あしたか)「貴様らにはサウソール・シーヴィレ遺跡での借りがある……その恨み、今こそ晴らさせてもらう」
與鷹(よたか)「何が恨みだ。お前のは単なる逆恨みに過ぎん!」
 この漢を野放しにすれば考古学に悪影響しか与えない。だから、倒せるときに倒すべきなのだ。
葦嵩(あしたか)「死ね!(てい)飛刃抜剣掌(ひじんばっけんしょう)!」
透水(トウシュイ)鶺鴒眼(ワグテイル・アイズ)!」
 ズズウンッ
 黒き拳の衝撃波を気弾で相殺する
古畑呂司(りょうじ)「お前の幽闘術は通用しないということを忘れたのか!?」
葦嵩(あしたか)「俺は天才だ!そんなことを忘れるわけが無かろう!」
 この隙に距離を詰めた與鷹(よたか)が殴り込みにかかるが、葦嵩(あしたか)は慌てず騒がず祟るの黒き拳(ブラック・カーズ・ナックル)で応戦。
葦嵩(あしたか)「孝・貫槍抜剣掌(かんそうばっけんしょう)!」
與鷹(よたか)「おおおっ!穹狼極樹(きゅうろうきょくじゅ)涅叛(・ねはん)!」
 錐状の黒き衝撃波の拳が與鷹(よたか)に襲い掛かるも、與鷹(よたか)はアッパーと影の拳による肘鉄の同時攻撃でこれを挟み撃ち

#8
葦嵩(あしたか)「ぬ、貴様……」
 あの時と同じだと高をくくっていると痛い目を見るぞ!と目で訴える與鷹(よたか)葦嵩(あしたか)「ならばッ、忠・鼎閃抜剣掌(ていせんばっけんしょう)!」
與鷹(よたか)神狼九断(しんろうくだん)!」
 同時に三つの黒き拳の衝撃波を繰り出し與鷹(よたか)を吹き飛ばそうとするが、しかし、與鷹(よたか)は一度に九つの拳打を繰り
出してこれに応戦。
葦嵩(あしたか)(こいつ、祟るの黒き拳(ブラック・カーズ・ナックル)をここまで……)
 少しずつではあるが、確実に祟るの黒き拳を見切り始める與鷹(よたか)に戦慄を覚える葦嵩(あしたか)。
 このまま死合が長引けば長引く程に時間は與鷹(よたか)に味方する。
葦嵩(あしたか)(天才である俺を超えることはあってはならぬ!そんなことは絶対に俺が許さん!)
 ずごごごごごっ
 その怒りが、恨みが、憎しみが、祟るの黒き拳(ブラック・カーズ・ナックル)に力を与える。そして、與鷹(よたか)もそれを感じ取る
與鷹(よたか)(クッ、奴の右腕の邪気が更に禍々しく……)
 まさか、今までは本気ではなかったのか!?……いや、違う。今までも本気だった。が、しかし、それではまだ
足りないからこそ、ヴァルカナの力をさらに引き上げたというのが正しいのだろう。
與鷹(よたか)(ヴァルカナリアクター……つくづく厄介な相手だぜ……)
葦嵩(あしたか)「死ねやオラッ!信・蛇襲抜剣掌(だしゅうばっけんしょう)!」
與鷹(よたか)「だが、甘いッ!」
 邪悪な気を纏った黒き衝撃波の拳を聖狼躱虚(しょうろうたうろ)で回避すると同時にカウンターを叩き込む與鷹(よたか)葦嵩(あしたか)「フッ、もう一度言う、俺は天才だ!」
 ガアンッ
 しかし、そんな與鷹(よたか)の痛烈なカウンターを、祟るの黒き拳(ブラック・カーズ・ナックル)を発動している右腕で受け止める。
葦嵩(あしたか)「ハアッ!」
 ぶわっ
 黒く染まった右腕から溢れ出す瘴気に、思わず距離をとる與鷹(よたか)葦嵩(あしたか)「どうだ!」
透水(トウシュイ)鶺鴒眼(ワグテイル・アイズ)!」
 ドドウッ
 追撃を行うとした矢先、気弾が無数に迫り、葦嵩(あしたか)の動きを封じる
透水(トウシュイ)「俺モいることヲ忘れないデもらおうカ」
葦嵩(あしたか)「チッ、どいつもこいつも邪魔をしおってぇ……」
姜馬(きょうま)「お前がそれを言うのか!?」
 ノース光輪結社と大神の降真靈(こうしんりょう)を邪魔するためにやってきたU(セカンド)シレントワイザードがそんなことを言う。
 それは大きなブーメランである。

#9
梶太郎(かぢだろう)「おっしゃ〜〜!真打は遅れて登場するモンだぜぇ!」
 そして、そうこうしている内に漸く……と言えばいいのか、今更ながらと言えばいいのか、ついに梶太郎(かぢだろう)もエン
ジンが温まり、参戦を決意。
梶太郎(かぢだろう)「……と、言いたいところだがな……どうやら俺の出番はあまりなさそうだ」
葦嵩(あしたか)「何を言っているんだ?貴様?!」
梶太郎(かぢだろう)「周りを見てみろよ!」
葦嵩(あしたか)「あぁ!?なんだと……」
 そういわれて、改めて周りを見てみると……
バーベラエ「ぐっ……」
星露(シンルー)・ユピテルメア「おのれ、クソ兄貴ぃ!」
 バーベラエも星露(シンルー)もコージルや弥如(びぎん)に圧されつつあった。
 バーベラエはデミカナリアクターであるが、ヴァルカナリアクターであるコージルと死合うには力が足りない様
子。
 一方、星露(シンルー)弥如(びぎん)はともにデミカナリアクターではあるが、こちらは純粋に力量差のためである。
葦嵩(あしたか)「どいつもこいつも、俺の足を引っ張りやがる……」
 かくて、ここに決着はついた……のか!?


END

前の話へ  戻る  次の話へ