Eighter -Scarlet Nocturne-
22nder 〜影の中に輝く太陽 C〜



#5
乾藤葦嵩(いぬいとう・あしたか)「では、始めようか」
 いや、続けようの間違いなんじゃ?
梓與鷹(よたか)「……はっ、ちょっと待て……お前が乾藤葦嵩(いぬいとう・あしたか)なのか!?」
一同「何?!知っているのか?」
與鷹(よたか)「あ……う、うむ」
 『あぁ』と言いかけて、ここはなんとなく、『うむ』と言っておかないといけないと思った與鷹(よたか)は瞬時に言い直
す。
與鷹(よたか)「奴が俺の知っている乾藤葦嵩(いぬいとう・あしたか)ならば……」
葦嵩(あしたか)「貴様、俺の何を知っている、言ってみろ!」
與鷹(よたか)「お前は考古学者じゃねぇ!」
 ましてやトレジャーハンターでもない。
出音(でおん)・グロウシュベル「どういうことだ?」
與鷹(よたか)「お前は嘘八百を並べてありもしない歴史を語る詐欺師」
葦嵩(あしたか)「黙れ!どいつもこいつも威隻法腱(いせき・はっけん)威隻法腱(いせき・はっけん)!誰も俺を認めようとしねぇ!」
 お前はどこのア〇バだよ!
葦嵩(あしたか)「だが、俺はこの遺跡を発見した!俺は天才だ!」
出音(でおん)「いや、遺跡を発見したから天才だってのは、なんか違うような……」
化野梶太郎(あだしの・かぢだろう)「おらあっ!」
 ドゴオッ
古畑呂司(りょうじ)「ちょ、お前何やってんの!?」
 突如、八つの犬の像の一つを殴り壊す梶太郎(かぢだろう)。世界遺産を破壊するとは何事かと慌てふためく呂司(りょうじ)
梶太郎(かぢだろう)「なるほどなぁ……」
 しかし、その像の中身は鉄筋であった。この像はオーパーツだと言い張るのは明らかに無理がある。
 つまり、それは葦嵩(あしたか)が詐欺師であるということの証左だったんですよ、少佐ぁ!(誰が少佐だよ!)
與鷹(よたか)「それが奴のやり口だ。第一発見者とい(うそぶ)いて、ここをインカ帝国の遺跡っぽく改造したんだろう」
葦嵩(あしたか)「貴様ッ!」
※だから、南総里見八犬伝を無理くり英訳したような無茶苦茶なネーミングだったんですね
葦嵩(あしたか)「許せねぇ、てめぇら生かして帰さんぞ!」
與鷹(よたか)「それはこっちのセリフだ!偽の遺跡をでっち上げて、歴史に名を残そうなどと不届きの極みッ」
 怒りのポイントがどことなくずれている與鷹(よたか)なのであった。
葦嵩(あしたか)「死ねコラ!貴様らは俺に近づくことすら出来ないんだよ!(てい)飛刃抜剣掌(ひじんばっけんしょう)!」
 ドンッ
 確かに、黒い衝撃波という拳打を飛ばす葦嵩(あしたか)に一行は手も足も出ない
新田姜馬(きょうま)「だが、ネタが分かってしまえば対処は簡単だ!」
 と、思われたが、こちらには召喚呪術のプロがいる。魔術には魔術だ

#6
呂司(りょうじ)「ヘッ!残念だったな!お前の猛攻もここまでだ!」
 なんで姜馬(きょうま)じゃなく、お前が得意げなのか
姜馬(きょうま)(奴の繰り出すのタタールの黒き拳を我が召喚呪術・ヤークシュで止める!)
 その上で一気に間合いを詰めて奴を倒す。その作戦に與鷹(よたか)も同意する。
姜馬(きょうま)「来い、貴様に魔術の何たるかを思い知らせてやる!」
 巨大な爪を彷彿させる形状のカタールを手に葦嵩(あしたか)を挑発する姜馬(きょうま)葦嵩(あしたか)「いいぜぇ!その言葉、あの世で後悔しやがれ!(てい)飛刃抜剣掌(ひじんばっけんしょう)!」
 ズドゴオンンッ
一同「なっ!?」
姜馬(きょうま)「うぐお!?」
 葦嵩(あしたか)が繰り出す拳打を氷の壁で防ごうとした姜馬(きょうま)だったが、しかし、氷の壁を砕いて姜馬(きょうま)を吹き飛ばす
梶太郎(かぢだろう)「おいおい、とんだ期待外れじゃねぇか」
呂司(りょうじ)「そんな……姜馬(きょうま)様の魔術を上回る……だと?!」
 愕然とする呂司(りょうじ)葦嵩(あしたか)「フッ、もう一度言う!俺は天才だ!」
 勝ち誇ったかのような顔でそんなことを宣言する葦嵩(あしたか)。だから、お前はどこのアミ〇だよ!
與鷹(よたか)「いや、違うぞ」
呂司(りょうじ)「え?」
與鷹(よたか)「奴は魔術師であると同時にヴァルカナリアクターだ!」
姜馬(きょうま)「ぐっ……そ、そうかッ!」
 よろけながらも與鷹(よたか)の言葉を受け、姜馬(きょうま)も悟る。
 これがもし純粋に召喚呪術同士のぶつかり合いであれば、姜馬(きょうま)が競り勝ったであろう。しかし、葦嵩(あしたか)はヴァルカ
ナの力(と幽闘術)を駆使してそれを覆したのだ。
姜馬(きょうま)(俺としたことが……ぬかったか!)
 『この海のリ〇ク、一生の不覚!』とでも言いだしそうな雰囲気の姜馬(きょうま)だった。
旧透水(ジウ・トウシュイ)「ここハ俺ノ出番だナ……」
 と、いうわけで相手が拳打を飛ばすならば、こちらは気弾を撃つ。透水(トウシュイ)の幽闘術、黒兎の戦車道(ラビット・タンク)の出番である。
葦嵩(あしたか)「おおおっ!(てい)飛刃抜剣掌(ひじんばっけんしょう)!」
透水(トウシュイ)黒兎の戦車道(ラビット・タンク)鶺鴒眼(ワグテイル・アイズ)!」
 ドドンッ
 黒き衝撃と気弾が激突し相殺される
葦嵩(あしたか)「なるほど……少しは楽しめそうだな」
 ニヤリと笑みを浮かべる葦嵩(あしたか)與鷹(よたか)「お前の相手は一人じゃないぞ!」
 この隙に間合いを詰めて背後より襲い掛かる與鷹(よたか)※いや、双狼拳の伝承者として背後からの不意打ちはいかがなものか……

前の話へ  戻る  次の話へ