Eighter -Scarlet Nocturne-
22nder 〜影の中に輝く太陽 A〜



#0
 全てのヴァルカナが人に宿り、ヴァルカナリアクターとなった時、何が起こるのか
 しかし、Eighterがいる限り、そんなことは起こらないとは思われる。
 それはさておき、今回もヴァルカナ争奪戦が始まる。

#1
 ペルー某所
 かつてインカ帝国が栄えた場所に、Eighter・有嗎幇(ユーマハン)同盟軍は足を運んでいた。
化野梶太郎(あだしの・かぢだろう)「今回は色んな意味でヤバそうだな……」
古畑呂司(りょうじ)「え?!」
 いつにも増して真面目な顔でそんなことを呟く梶太郎(かぢだろう)に驚きを隠せずにいる呂司(りょうじ)
※さり気に失礼な奴である。
梶太郎(かぢだろう)「インカ帝国と言えば、アソコに突っ込んで広げるヤツ、マン〇・クパック!」
 ドヤ顔で叫ぶ馬鹿がいた。
一同「……」
 完全な下ネタである。あとクパックじゃなく、カパックな。
新田姜馬(きょうま)「馬鹿は放っといて行くぞ」
梓與鷹(よたか)「だな……」
 梶太郎(かぢだろう)に呆れ果てて彼を放置して先へ行こうとする一行であった。
梶太郎(かぢだろう)「ちょ、ちょっと待てよ……今のは場を和ませるためのちょっとしたジョークだっての!」

 さておき、ヴァルカナが検知された場所へ到達する一行
姜馬(きょうま)「ここがサウソール・シーヴィレ遺跡……」
旧透水(ジウ・トウシュイ)「どうヤら俺達ガ一番ノリのようだナ」
出音(でおん)・グロウシュベル「いや、まだ油断は禁物だ……」
梶太郎(かぢだろう)「おい、見ろよ、これ!」
 遺跡の入り口に何かを発見する梶太郎(かぢだろう)
一同「こ、これは……」
 そこにあったのはどこからどう見ても漢字にしか見えない文字が刻まれた玉を咥えた八匹の犬の像であった。
 そして、その玉に刻まれ肆文字は撃、絶、滅、烈、斬、乱、襲、砕の八つであった。
一同「……」
 南総里見八犬伝だと思ったら銀牙 -流れ星 〇-だった件。
 なお、余談であるが、この遺跡を発見した考古学者は八匹の犬の像を見てこの遺跡をサウソール・シーヴィレ遺
跡と命名したらしい。
 そう、サウソールとは南 + 全て(総て)シーヴィレとは見る + 里……ということなのだ。
※その考古学者って単なる馬鹿じゃなないの?
 本当にここはインカ帝国の遺跡なのだろうか?と首を傾げつつ、一行は遺跡の中へと足を運ぶのであった。

#2
呂司(りょうじ)「ノース光輪結社、それに大神の降真靈(こうしんりょう)……奴らがいつ襲ってくるかも分からん……警戒は怠らないように」
梶太郎(かぢだろう)「ハッ!そんなことは百も承知だっての!」

姜馬(きょうま)「どうした?何か気がかりなことでも?」
 先ほどから上の空のような與鷹(よたか)姜馬(きょうま)が声を変える
與鷹(よたか)「いや、大丈夫だ」
姜馬(きょうま)「ならいいが……」
 この遺跡はおそらくインカ帝国の遺跡ではない。時代的にはインカ帝国と重なるのだろうが、おそらくは歴史の
墓場に関係する場所で間違いない……と、與鷹(よたか)は考えていた。
 ただ、そんなことを言ってもあまり意味がないのも事実である。故に與鷹(よたか)は特にそれを語ろうとはしない。
出音(でおん)「お、おい、ちょっと待てよ!」
 その時、スマホを見ていた出音(でおん)が声を荒げる
透水(トウシュイ)「どうしタ?!」
出音(でおん)「これを見ろよ!」
 そのままスマホを皆に見せびらかす出音(でおん)。
 ここで今更ながらヴァルカナ検知アプリについて触れておこう。一言でいえばgo〇gleマップに赤い点で場所を
示すという至ってシンプルな代物だ。
 そして、今出音(でおん)が声を荒げたのには訳がある。
 ヴァルカナを示す赤い点が突如点滅しだしたからである。
一同「なっ、消えた!?」
 そして、完全に赤い点は消えてなくなった。
梶太郎(かぢだろう)「おいおい、まさか一足遅かったってことか?」
呂司(りょうじ)「いや、一足どころか、二足以上遅いってことじゃ……」
 ともかく、確かめるしかないと、いうわけで一行は遺跡の奥へと急ぐ。
 すると、そこで、ノース光輪結社、大神の降真靈(こうしんりょう)のメンバーとも鉢合わせる
弥如(びぎん)「また我らの邪魔をするか……」
カイゼルグ・N・ショー「あぁ!?喧嘩売ってんのか!それはこっちのセリフだ!」
姜馬(きょうま)「む、あいつは!?」
 ノース光輪結社が大神の降真靈(こうしんりょう)一触即発の中、姜馬(きょうま)は遺跡の奥……その中心に佇む人影を見る。
梶太郎(かぢだろう)「なんだアイツ!?」
 その漢はEighter、有嗎幇(ユーマハン)、ノース光輪結社が大神の降真靈(こうしんりょう)に気が付くと同時に振り向く
一同「ンなっ!?」
 そして、見せびらかすように右手を掲げる。そこに刻まれし数字はXIX!
 つまり、それは彼が《太陽(サン)》のヴァルカナリアクターであることの証左であった。
 一体、彼は何者なのか……そして、どの陣営のものなのか!?


続

前の話へ  戻る  次の話へ