Eighter -Scarlet Nocturne-
10ther 〜影窟(いわや)の中に有ル(カナ) B〜



#3
 迫る大岩から逃げ回る一行
化野梶太郎(あだしの・かぢだろう)「おい、與鷹(よたか)!お前の双狼拳(そうろうけん)のインチキ臭い奥義であれなんとかなんねぇのか?」
 聖狼躱虚(しょうろうたうろ)のことを言っているのだろうが、大岩を回避……って言っても、こんな狭い場所では回避も何もあった
もんではない。
梓與鷹(よたか)「いくら何でも無理過ぎる」
梶太郎(かぢだろう)「チッ、使えねぇな……」
出音(でおん)・グロウシュベル「ってか、お前が罠を発動させたんだから、お前がなんとかしろよぉ!」
 ぐうの音も出ない正論だった。
梶太郎(かぢだろう)「いいだろう、双虎拳(そうこけん)は無敵だぁ!ってことを見せてやるぜ!虎伏絶掌(こふくぜっしょう)!」
 いや、ここで虎伏絶掌(こふくぜっしょう)使っても効果が最大になるまで逃げ続けなきゃダメじゃん。
出音(でおん)「あっ!」
與鷹(よたか)「おう!」
 逃げる最中、出音(でおん)は通路の脇に隠れられる場所を見つけると與鷹(よたか)に合図。すかさず與鷹(よたか)もそこへ飛び込む。
 が、しかし、梶太郎(かぢだろう)だけは大岩を砕くために逃げ続けるのであった。
出音(でおん)「あいつ、大丈夫か?」
與鷹(よたか)「ま、まぁ、死ぬってことはない……とは思う。思いたい」
 とりあえず、気を取り直して、ここからは慎重に進もうと気を引き締める與鷹(よたか)出音(でおん)であった。

 暫く進んだ後……
與鷹(よたか)(しかし、妙だな……)
 あの落とし穴は確かに罠だった。しかし、それにしては落ちた先、つまりここで、ホトケを見かけない。
 あの大岩で潰されたのだとしてもだ……
與鷹(よたか)(それに大岩の罠から逃げられる脇道もあるのも怪訝しい。罠にかかった人物を殺すためならば、そんなもの
は必要ないはずだ)
與鷹(よたか)「つまり、俺たちはヴァルカナに近づいている」
出音(でおん)「いや、いきなりなんだ!?」
與鷹(よたか)「おそらく、あの罠は遺跡の奥へと進むための近道」
出音(でおん)「な、なんだって!?」
御御脚(ユウ・ユウジャオ)「ほぉ、そいつハいいことヲ聞いた」
出音(でおん)「なっ、貴様はッ!」
クラウド・ノシュケー・マルーメ「罠にもかかってみるものだな……」
 いつの間にかクラウドと御脚(ユウジャオ)がそこにいた。
 考えてみれば奴らも落とし穴に落ちたのだから、どこかで鉢合わせるのは必定だったのかもしれない。
クラウド「ここから先、進めるのは一人だ!」
※一人ってか一組織のみ
御脚(ユウジャオ)「いいだロう」
出音(でおん)「チッ、やってやろうじゃねぇか!」

#4
クラウド「貴様ら全員、螺旋の相克(スパイラル・エア)の餌食にしてやろう」
御脚(ユウジャオ)「ハッ!甲蟲と炎雷(ヒート・メタル)デ返り討ちだ!」
 両手にカタールを装備するクラウドに硬化しだす御脚(ユウジャオ)
 それを見て即座に出音(でおん)はクラウドを、與鷹(よたか)御脚(ユウジャオ)を相手に決める。

 ガイン、ガガキンッ
出音(でおん)「クッ……」
 まるで頭だけを固定して体を回転して斬撃を繰り出しているかのような人体の構造を無視したクラウドの回転斬
撃に苦戦する出音(でおん)
クラウド「これが我が力、螺旋の相克(スパイラル・エア)!……超級武振覇影斬(ちょうきゅうぶしんはえいざん)出音(でおん)「いや、どう考えても回転だが」
 そして、二つの技を足して二で割ったかのようなネーミング。
クラウド「螺旋とはすなわち回転だ」
出音(でおん)「都合のいい解釈過ぎる!」
與鷹(よたか)「ハッ!神狼九断(しんろうくだん)!」
 ゴドガガガガガガガガガッ
御脚(ユウジャオ)「無駄ダ!」
 一方の與鷹(よたか)も拳打を繰り出してみるも、通っている感じがしなくて戸惑っている
與鷹(よたか)(硬い……)
御脚(ユウジャオ)「俺ノ甲蟲と炎雷(ヒート・メタル)は正しく鉄壁!……鐘ニ手を括り付けて打ち付けられる荒行ヲ超え、トラックに撥ねられる
荒行ヲ超え、果てニはパッフェルベルのカノンを聞いても生き延びテ完成する!」
與鷹(よたか)「最後だけなんか違うだろ……」
※カノン砲と間違えた説。
御脚(ユウジャオ)「そして、これガ攻撃の要、白乾児魔炎(パイカリック・バーナー)!」
 ボッ
與鷹(よたか)「うおお!?」
 人差し指を突き出すと同時に炎が與鷹(よたか)に襲い掛かる、が、半身ずらしてなんとかこれを回避。
與鷹(よたか)(まるで某魔術師だな)
 いや、彼は《魔術師》のヴァルカナリアクターですけど。
與鷹(よたか)(さておき、あまり時間をかけるのも得策ではない……)
 御脚(ユウジャオ)の出方を窺いつつどうしたものかと與鷹(よたか)が思案していると、遠くから雄叫びの様なものが聞こえてくる
梶太郎(かぢだろう)「うぉおお〜〜〜らぁ!」
 それは梶太郎(かぢだろう)だった。
梶太郎(かぢだろう)「漸く追いついたぜ!」
出音(でおん)「なっ、お前、生きていたのか!?」
 そして、出音(でおん)もなかなかに酷い言い草である
梶太郎(かぢだろう)「ハッ!たかが石ころ一つ、双虎拳(そうこけん)の力で叩き砕いて見せるって言っただろ!」
 いや、言ってなかったと思うが……
梶太郎(かぢだろう)「行くぜぇ、野郎ども!」
 いや、仕切らないでほしいんだが……と、思いつつも、死合は第二局面へと進むのであった。


続

前の話へ  戻る  次の話へ