Eighter -Scarlet Nocturne-
10ther 〜影窟(いわや)の中に有ル(カナ) C〜



#5
御御脚(ユウ・ユウジャオ)「一人増えた程度デ、我らヲ倒せると思ったら笑止ッ!」
化野梶太郎(あだしの・かぢだろう)「ケッ!てめぇこそ、双虎拳(そうこけん)を甘く見ると死ぬぜ!極彩虎襲(ごくさいこしゅう)!」
 ズドガガガガガガッ
梶太郎(かぢだろう)「おらあッ!」
 拳打の嵐を見舞い、最後に顎目掛けて強烈な一撃を叩き込む梶太郎(かぢだろう)
御脚(ユウジャオ)「フッ、その程度か」
梶太郎(かぢだろう)「何!?……馬鹿なッ!完璧に流し斬りが入ったはずなのに」
梓與鷹(よたか)「いや、斬ってねぇだろお前!」
 思わず突っ込みを入れずにはいられない與鷹(よたか)であった。
梶太郎(かぢだろう)「あぁ!?双虎拳(そうこけん)の拳は流れるように相手を斬る……こともあるんだよ、多分」
 なんで自分の事なのにそんな推定なのか
 そんな中御脚(ユウジャオ)はすっと人差し指を梶太郎(かぢだろう)に突き付ける
與鷹(よたか)「気を付けろ」
梶太郎(かぢだろう)「あぁ!?」
御脚(ユウジャオ)白乾児魔炎(パイカリック・バーナー)」
 ボッ
梶太郎(かぢだろう)「ぐわああ!?」
 もしかしたら今は與鷹(よたか)が悪かったかもしれない。
 梶太郎(かぢだろう)がよそ見した一瞬の隙をつき、火炎放射を放つ御脚(ユウジャオ)。当然回避する暇もなく、火だるまになる梶太郎(かぢだろう)御脚(ユウジャオ)「まずハ一人!」
與鷹(よたか)「クッ、すまん。お前の仇は俺が取る」
 別にそんなに悲しいわけでもないが、天狼甲ショロトルを召喚する與鷹(よたか)御脚(ユウジャオ)「なるほど、それガ貴様の幽闘術カ……」
與鷹(よたか)「いや、全然違うが……」
 そもそも物質を具現化する幽闘術もあるのだろうか?
與鷹(よたか)神狼九断(しんろうくだん)来護重(らいごうえ)!」
 ドゴオンンッ
 バキイッ
御脚(ユウジャオ)「ゲハッ!?」
 九つの拳打を一つに束ねて一点突破させる豪の拳……その一撃は鋼のように固い御脚(ユウジャオ)に届いた。
與鷹(よたか)「オオアアッ!」
 もう一発。左の拳でもダメ押しとばかりに神狼九断(しんろうくだん)来護重(らいごうえ)を叩き込む與鷹(よたか)
御脚(ユウジャオ)「グゴッ!?……き、貴様……あまり、調子に乗るナッ!」
 ボッ
 かなりのダメージを受けつつも、まるでゲッツみたいなポーズで両手の人差し指から放つ白乾児魔炎(パイカリック・バーナー)。
 見た目はカッコ悪いが威力は絶大。しかし、與鷹(よたか)はそれを完全回避する。
御脚(ユウジャオ)「ナん?!」
 それは双狼拳(そうろうけん)奥義、聖狼躱虚(しょうろうたうろ)。相手の攻撃を完全回避してカウンターを叩き込む後の先の究極形
梶太郎(かぢだろう)「おらあっ!銀號懺月(ぎんこうざんげつ)!」
 ガオンッ
 しかし、與鷹(よたか)が攻撃を繰り出すよりも前に、突如梶太郎(かぢだろう)が虎の咆哮と見紛う衝撃波を叩き込む。

#6
御脚(ユウジャオ)「馬鹿ナッ!貴様、死んだハズ!?」
梶太郎(かぢだろう)双虎拳(そうこけん)はッ!炎の中より再び黄泉帰る」
 いや、それ、不死鳥だから。
※ちなみに、これはウェルの再生能力のおかげです。
梶太郎(かぢだろう)「おっし!次!」
 御脚(ユウジャオ)をノした梶太郎(かぢだろう)は続けてクラウドの方へ向かっていく。

クラウド・ノシュケー・マルーメ「ぬ!?」
 出音(でおん)と死合いつつも御脚(ユウジャオ)の死合の顛末も見届けていたクラウドは梶太郎(かぢだろう)の働きに驚きを隠せずにいた
クラウド(有嗎幇(ユーマハン)もこの程度か……いや、違う……)
 慢心……というのもあるだろう……しかし、それ以上に、この梶太郎(かぢだろう)と言う漢が脅威。
 いや、厄介である。
クラウド(ノース光輪結社の妨げになるのはやはり、こいつらか……)
出音(でおん)・グロウシュベル「おいおい、死合の最中によそ見とは余裕だな」
クラウド「チッ……」
 しかし、クラウドとしても余談を許されない状況にある。
クラウド「超級武振覇影斬(ちょうきゅうぶしんはえいざん)!」
 ゴガガガガガガッ
梶太郎(かぢだろう)「おらぁああ!」
 ドゴドゴドゴドゴドゴッ
 真っ先に梶太郎(かぢだろう)に向かって回転斬りを叩き込むが、梶太郎(かぢだろう)も拳打の嵐で刃を打ち返す。
梶太郎(かぢだろう)「見えたぜ!貴様の回転斬りは15回でワンセット!」
クラウド「なっ、貴様ッ!?」
 見えるのか!?と驚愕するクラウド
梶太郎(かぢだろう)「これで終わりだッ!」
クラウド「クッ……」
 クラウドが窮地に追いやられるかに思われたその次の瞬間、突如ガクンと梶太郎(かぢだろう)の猛攻が弱まる
 それは虎伏絶掌(こふくぜっしょう)が終わりを告げる音であった。
クラウド「どうやら、貴様はそこまでのようだな」
カイゼルグ・N・ショー「いいところ悪いんだが、撤収だ!」
一同「何!?」
 と、そんな折、そこに現れるのはカイゼルグとアレフ。
 それだけではない。姜馬(きょうま)呂司(りょうじ)もいた。
クラウド「撤収だと!?」

新田姜馬(きょうま)「申し訳ありません。ヴァルカナは奴らの手に落ちました……」
 ノびているので聞こえているわけじゃないだろうけど御脚(ユウジャオ)に律義に報告する姜馬(きょうま)であった。
與鷹(よたか)「なっ!?」
 それでは、もはやこの場にいる必要もないというか……與鷹(よたか)出音(でおん)は顔を見合わせる。

#7
 ここで話は少し遡る……
カイゼルグ「あぁ!?てめぇ、俺に喧嘩売ってんのか!」
姜馬(きょうま)「……確かに、そういうことになるのかもな……」
 ノース光輪結社と有嗎幇(ユーマハン)……敵対する組織に所属している以上は、そういうことになるのだろう。
 ならば、叩き潰す!とやる気十分のカイゼルグに対し、出来るならば荒事は避けたい姜馬(きょうま)。

 ドゴオンッ
一同「な、なんだ!?」
 と、その時、突如轟音と共に近くに何かが降ってくる。
カイゼルグ「あぁ!?てめぇ、誰だ!?俺にケンカ売ってんのか!?」
 それは、ノース光輪結社の紋章のついたフーデッドコートを装備していた。
 そして、カイゼルグ、姜馬(きょうま)を一瞥することなく右手を見せびらかす。
姜馬(きょうま)「アレは!?」
 そこにはXVの数字が刻まれていた。つまり、ヴァルカナリアクターである。
 さらにそいつは左手も天高く掲げる。
古畑呂司(りょうじ)「あれは!?」
 そこにはXIIの数字と片足が罠にひっかかって木から逆様につるされている人物が描かれていた。
 彼は一体何者なのか……それはいずれ分かる事だろうが、今回はこれにて閉幕である。


END

前の話へ  戻る  次の話へ