Eighter -Scarlet Nocturne-
10ther 〜影窟(いわや)の中に有ル(カナ) A〜



#0
 上海栗栖幻鍔殿(シャンハイくりすげんがくでん)。そこは弾幕系のトラップの多さに誰もが最深部へたどり着けなかったことで有名な遺跡である
 そして、ここにあるヴァルカナを巡ってノース光輪結社、有嗎幇(ユーマハン)、Eighterが集った。
 果たして、ヴァルカナを手に入れるのは誰か!?

#1
化野梶太郎(あだしの・かぢだろう)「行くぜおらぁ!」
 カチッ
一同「え!?」
 勢いよく梶太郎(かぢだろう)が一歩踏み出したその時、嫌な音がした。
 ゴゴゴゴゴゴゴゴッ
クラウド・ノシュケー・マルーメ「な、なんだ!?こ、この揺れ……」
御御脚(ユウ・ユウジャオ)「これは、まさか……」
 そして、襲い掛かる石礫(つぶて)與鷹(よたか)「うおおお!?」
 これが、弾幕系のトラップ!
 たまらず與鷹(よたか)ら一行は後退る。
*「く、クロード様!?」
クラウド「落ち着け、騒ぐな……ここは俺の幽闘術の見せ所だ」
 そういってIVの数字が刻まれた拳を見せびらかす。と、同時にぐるんぐるんと回転しだす。
 クラウドの幽闘術……それは螺旋の相克(スパイラル・エア)。回転の力を駆使して敵を討つというものだ。
*「出た!クラウド様の大回転〇弾!」
※いや、大回〇魔弾っていっちゃアカン。
 迫る石礫(つぶて)を弾き返して別のチームのところに投げつける
*「なっ、なナなっ」
御脚(ユウジャオ)「慌てルな」
 あたふたする有嗎幇(ユーマハン)メンバーからずずいっと一歩前に出る御脚(ユウジャオ)。
 ガインッガガガガッ
 降り注ぐ石礫(つぶて)御脚(ユウジャオ)に直撃するも、平気、へっちゃらと言った感じの御脚(ユウジャオ)。
 これは御脚(ユウジャオ)の幽闘術、甲蟲と炎雷(ヒート・メタル)。自らの肉体を鋼と化すものだ。
※これでは防御一辺倒だが、当然攻撃の手段もある。火炎放射(パイロキネシス)だ。
梶太郎(かぢだろう)「俺たちも負けてらんねぇなぁ、おい!」
 それを見てウキウキしだす馬鹿が一名。梶太郎(かぢだろう)である
出音(でおん)・グロウシュベル「いや、そうは言ってな……」
 俺たちはヴァルカナリアクターではない。だからあんなびっくり大道芸を使えるわけがないのだ。
梶太郎(かぢだろう)「たかが石コロ一つ、双虎拳(そうこけん)の力で押し返してくれる!」
 そんな中、オラオラオラ!とでも言いだしそうな感じで拳を突き出し飛んでくる石礫(つぶて)を迎撃する梶太郎(かぢだろう)であった
與鷹(よたか)出音(でおん)(どう見ても一つじゃないんだけどな……)

#2
 そして、暫くの間石礫(つぶて)を弾き返す合戦が繰り広げられることとなる
與鷹(よたか)「しかし、いくらなんでも多すぎだろ」
出音(でおん)「これが超弾幕系の罠って奴か」
 いや、だとしても、限度があるだろう……
梶太郎(かぢだろう)「楽しくなってきた〜」
クラウド「フッ」
御脚(ユウジャオ)「やれやれ」
 梶太郎(かぢだろう)の馬鹿はさておき、クラウドと御脚(ユウジャオ)も顔には出てないがこの状況を楽しんでいるような節がある。
 やがて、無限に続くかに思われた弾幕も晴れることになる。
梶太郎(かぢだろう)「もうおしまいかよ、物足りねぇな」
クラウド「そうか、ならば、今度は俺が相手になってやろうか?」
御脚(ユウジャオ)「俺を石ころト同じだと思うト痛い目にあうぞ」
 カチッ
 そんなことを言いつつ一歩前にでるクラウドと御脚(ユウジャオ)。その時再び嫌な音が
一同「ま、まさか……」
 ガコンッ
一同「ぬおおお!?」
 今度は落とし穴だった。その場に合わせたノース光輪結社の連中も有嗎幇(ユーマハン)の連中も、Eighter一行もみな等しく
真っ逆さまである。

與鷹(よたか)「うぐっ……」
 どの位の深さまで落ちたのだろうか……怪我をしなかったのは不幸中の幸いというしかない。
出音(でおん)「みんな、無事か!?」
與鷹(よたか)「俺は無事だが……」
梶太郎(かぢだろう)「ヘッ!落とし穴如きで俺が倒せると思うなよ!……ってわけでどけよてめぇら!」
與鷹(よたか)出音(でおん)「あ、すまん……」
 與鷹(よたか)出音(でおん)が無事だったのは、梶太郎(かぢだろう)の上に着地したからであった。
※なお、梶太郎(かぢだろう)が無事なのは……ウェルと同化して再生してくれているからである。
出音(でおん)「さて、いつまでもここにいるわけにもいかないし、出口を探すか、それとも奥へ進むか」
與鷹(よたか)「ここは奥へ進もう」
出音(でおん)「その理由は?」
與鷹(よたか)「俺たちの当初の目的はこの遺跡にあるヴァルカナの回収だ。ならば、優先するべきは出口を探すことではな
い」
 断言する與鷹(よたか)であった。
 ヴァルカナを探してから出口を探しても遅くはないと言った理由もある。
梶太郎(かぢだろう)「おっしゃ、行くぜ!野郎ども!」
 バシっと拳を掌に叩きつけて梶太郎(かぢだろう)がなぜか仕切る。
 カチッ
 と、同時に一歩足を前に踏み出すと三度嫌な音がする
 ゴロゴロゴロゴロゴロゴロッ
與鷹(よたか)出音(でおん)「大岩ッ!」
 まるでインディージョーンズである。果たして、一行はヴァルカナを手に入れることができるのか!?


続

前の話へ  戻る  次の話へ