Eighter -Scarlet Nocturne-
9ther 〜魔影(かげ)の中に有ル(カナ) C〜



#5
 中国、上海某所
 そこにはノース光輪結社の中国支部がある。
 ジョスィフは四川で人仕事を終えた後、上海支部に顔を出していた。目的は療養である。
 実際には上海蟹が目的だった気がするけど、まぁ、この際そんなことはどうでもいい。
 ジョスィフのことがどうでもよくなるほどの大事件が上海……いや、中国で起きていたのだ。
*「陥落トは一体どういうことナんだ?」
*「分かりまセん……デすが……」
 中国は広い。故に中国にノース光輪結社の支部は四つあった。
 四川、上海、広東、北京の四つである。ただし、四川は十年前に有マ幇(ユーマハン)先代の手により壊滅しており、機能して
いるのは三つだけだった。
 しかし、そこへ突如広東、北京が陥落したという知らせが届いたのである。
ジョスィフ・クロード「全く、オチオチ療養もできねぇな……」
 左手だけで上海蟹を食べながらやってくるジョスィフ。どこからどう見ても療養中には思えない姿である。
*「ジョスィフ司祭……」
ジョスィフ「で、広東と北京をやった奴らは誰なのかわかっているのか?」
*「そレは……」
 思わず言いよどむ上海支部の連中。
ジョスィフ「おいおい、まさかわかりませんでしたなんて言うわけはないだろうな」
*「貴方にモ関りノある事だ……」
ジョスィフ「まさか、有マ幇(ユーマハン)か!?」
一同「……」
 ジョスィフの言葉に、上海支部の連中は沈黙をもって肯定する。
ジョスィフ「まさかとは思うが、俺が奴らを叩いたから報復されたなんて言い出すわけじゃないだろうな?」
*「それハ……それハ違います。裏切り者を始末スるのは至極当然の事。そのことニとやかく言う我々ではありま
せん」
*「問題なのハ広東と北京にもヴァルカナリアクターがイた。それなのに、両地区は陥落シたということです」
ジョスィフ「五年前に奪われたヴァルカナ……」
 先日の襲撃の際にも回収できなかったソレがおそらくは原因であろう。
*「ノース光輪結社ニ盾突くとはナめた真似しやがって……」
*「だったら戦争スるしかないわナ」
一同「オオオッ!」
*「待ちたまえ!」
 殺気立つ連中を宥めるかの如く、一人の漢が立ち上がる
*「我々の目的は戦争ではない。ヴァルカナを収集し、C(クトゥルー)文書の予言にある聖域を開くことだ」
一同「それハ、確かに……」

#6
*「ヴァルカナを収集することも大事だが、この上海を落とさせるわけにもいかん!」
 この漢、他の上海支部の連中と違ってイントネーションがオカしくないが、彼は中国の人間ではない。
 彼はクラウド・ノシュケー・マルーメ。数年前にノース光輪結社のタイ支部に見切りをつけて上海へとやってき
た司祭で、周りからはタイを捨てた達人という妙な名前で畏怖されているという。
※ちなみに、彼が使う流派はもしかしたら『タイ捨流』かもしれない(いや、単なる駄洒落かよ!)
 さておき、いつ有マ幇(ユーマハン)が襲ってくるかわからないこの状況にて、ジョスィフにももうひと働きしてもらおうかっ
てチラチラ視線を投げかける上海支部の連中は、なんだかどうにも情けない。
 しかし、ジョスィフはなくなった右手を掲げてこう告げる
ジョスィフ「残念だが右腕が直らない限り俺は戦いには参加できないぜ?」
※いや、ってか、治すアテはあるんですか?
 いかに不老不死とはいえ、部位の欠損はどうにもならないのだが、再生治療とかそんな便利なものでもあるのだ
ろうか?
 あるいは……他人の腕を奪ってくっつける……とかなのだろうか?
ジョスィフ(まぁ、本当にどうしようもない場合は俺がやるしかないか……上海蟹の分くらいは暴れてやってもい
いかもな……)
 クラウドもまた、ジョスィフに頼りっぱなしになるものいかがなものかと暫し考えた上でこう告げる。
クラウド・ノシュケー・マルーメ「貴様らは何としてでも上海を守って貰うことになる!……俺には他にやること
ができたからな」
*「ヤること!」
*「それは、一体?!」
クラウド「新たなるヴァルカナの出現。それの確保だ!」
一同「新たナ、ヴァルカナ!?」
 広東、北京が陥落したという知らせでてんやわんやになっていたが、同じくして上海で新たにヴァルカナが発見
されたという知らせも入ってきたのだ。
 そして、それを確保するためにクラウドは出陣を決意したのだった。
 ちなみに、言わずともわかることかもしれないが、ノース光輪結社が新たなるヴァルカナの出現を察知できたと
いうことは、有マ幇(ユーマハン)やEighterも同様に察知できたという意味である。
 これより先は三つ巴のヴァルカナ争奪戦が始まるのだ!
 果たして、ヴァルカナは誰の手に渡ることになるのだろうか!?


続

前の話へ  戻る  次の話へ