Eighter -Scarlet Nocturne-
9ther 〜魔影(かげ)の中に有ル(カナ) A〜



#0
 ヴァルカナ争奪戦。ソレに真っ先に手を出したのは中華マフィアの有マ幇(ユーマハン)だった。
 しかし、最初に手を出して以降、有マ幇(ユーマハン)は鳴りを潜め、代わりにノース光輪結社が台頭していた。
 そして、今、再び有マ幇(ユーマハン)が動き出す……かもしれない
※いや、断言しないのかよ

#1
 中国、四川某所。
 そこには地元の人も近寄らない要塞のような建物がある。その名も越賭台(えっとだい)
 そして、そんな誰も近寄らないこの場所に、今、一人の漢が忍び込んだ。
ジョスィフ・クロード「十年……か……」
 しみじみと呟くジョスィフ。しかし、彼は十年ぶりにここを訪れたわけではない。
ジョスィフ「まぁ、我らノース光輪結社から十年も逃れられるとは、大した奴らだったとでも言っておくべきか」
*「いや、貴様らが五年の間、俺を探すことができなかった……そういうことだろう?」
 ジョスィフの背後に現れる一人の漢。彼は梅毒竿(メイ・ドゥガン)猫耳萌(マオ・アルメン)の一つ前の有マ幇(ユーマハン)盟主である。
ジョスィフ「五年前、貴様がノース光輪結社を裏切り、奪い去ったヴァルカナを、そろそろ返してもらおうか」
梅毒竿(メイ・ドゥガン)「嫌だといったら、どうする?」
ジョスィフ「その時は、死ぬだけだ?」
 ぐっと右の拳を握って見せつけるジョスィフ。正確にはその手に刻まれしヴァルカナを見せつけているのだ。
毒竿(ドゥガン)「ヴァルカナリアクターか……」
ジョスィフ「そうだ、死にたくなければヴァルカナを返せ!」
毒竿(ドゥガン)「だったら、やってみるんだな……最も、お前にそれができればの話だが」
ジョスィフ「ハッ!」
 ならば、望み通りに、我が幽闘術、月の御手(ムーン・レィス)の前に砕け散れ!と拳を構えたその次の瞬間、背後に気配を感じる。
 そこには真っ黒なボディースーツに身を包んだ一人の女が立っていた
ジョスィフ「……そうか、貴様には貴様の命令に忠実に従う戦闘人形がいたんだったか……」
 彼女は梅毒鞘(メイ・ドゥシャオ)毒竿(ドゥガン)の妹である。
ジョスィフ「だったら、貴様が先に死ね!月齢掌(げつれいしょう)繊月(せんげつ)!」
 拳に突如として浮かび上がる薄い三日月。その月齢が基本的に威力に比例するのが彼の繰る月の御手(ムーン・レィス)梅毒鞘(メイ・ドゥシャオ)「ハッ!」
 ドゴオンッ
ジョスィフ「何ぃ!?」
 毒鞘(ドゥシャオ)は敢えて飛び込むとジョスィフの拳を受け止める。これにはさしものジョスィフも驚きを隠せなかった

#2
毒鞘(ドゥシャオ)「シャアァッ!」
 拳を体で態と食らった毒鞘(ドゥシャオ)はそのまま両手に持った小刀でジョスィフに襲い掛かる
ジョスィフ「ぬっ!?」
 しかし、ジョスィフも数々の修羅場を潜り抜けてきた猛者である。すぐさま後方に飛び退り毒鞘(ドゥシャオ)の攻撃を回避す
る。
ジョスィフ「貴様……」
 本来ならば先ほどの一撃で勝負はついていたはずだが……と自分の拳をまじまじと眺める
毒竿(ドゥガン)「ハハハ!どうだ!胸部装甲にて攻撃の衝撃を吸収する……これが毒鞘(ドゥシャオ)が編み出した秘技!反射胸(リフレクターバスト)だ!」
※胸部装甲とか言ってるけど、要するにおっぱいである。
ジョスィフ「巫山戯(ふざけ)るな!」
 いや、誰だってそう思う
毒竿(ドゥガン)「ハハハ!毒鞘(ドゥシャオ)反射胸(リフレクターバスト)は今やマシンガンの弾すら弾き返す!」
※どんな鍛え方したらそんなおっぱいになるんだよ!
ジョスィフ「俺の幽闘術をなめるなッ!月齢掌(げつれいしょう)蛾眉(がび)!」
 拳に刻まれた三日月が少し厚くなる。それは剣勇伝説YA〇BAに出てくる魔王〇みたいな演出だった。
 ドゴオンッ
 しかし、毒鞘(ドゥシャオ)はまたしても胸部装甲(おっぱい)でそれを受け止める。
ジョスィフ「砕け散れッ!月齢掌(げつれいしょう)・有明!」
 ズガァムッ
 更に左拳も叩き込むジョスィフ。勿論、右拳と鏡合わせにしたかのような三日月が浮かび上がっていた。
ジョスィフ(クソがッ)
 しかし、結果は同じだった。
 それはまるで北斗〇拳の序盤、サザンク□スタウンでのケンシ□ウ VS ハ〇ト様のよう……
毒鞘(ドゥシャオ)「ハアアッ!」
 そして再び繰り出される毒鞘(ドゥシャオ)の攻撃。しかし、そんな攻撃がジョスィフに通用するはずも……
 ズドオンッ
ジョスィフ「ぐおお!?」
 と、思った次の瞬間、衝撃波で派手に吹き飛ばされるジョスィフ
ジョスィフ「ガハッ!?……なっ、何が!?」
毒竿(ドゥガン)「言ったはずだぜ。反射胸(リフレクターバスト)とな……」
 攻撃の衝撃を胸部装甲もとい、おっぱいで吸収するのがこの技の恐ろしいところではない。吸収した衝撃を反射
して攻撃に転ずるのが最も恐ろしい部分なのだ。
毒竿(ドゥガン)「ハアアッ!」
 ズダンンッ
ジョスィフ「うがあぁ!?」
 更に、青龍偃月刀を取り出した毒竿(ドゥガン)はそのままジョスィフの右手を切り落とす。
 このまま勝敗がつくのだろうか?


続

前の話へ  戻る  次の話へ