Eighter -Scarlet Nocturne-
8ther 〜海底霊廟の影花嫁 C〜



#5
 ここより先、真っ暗で何も見えないが、しかし、確かに何かがいる。
 そんな気配だけは伝わってくる
梓與鷹(よたか)「お前は、誰なんだ?」
*「知らずにこんなところまできたというのか?」
 流石に今のは湿原だったか……と内心ヒヤヒヤする與鷹(よたか)。
 そんな與鷹(よたか)をよそに、総介は一歩前に出る
(かみ)総介「そっち言ってもいいか?」
與鷹(よたか)「お、おい、総……」
*「よかろう……」
 暫しの静寂の後、一言、そう告げられる
総介「フッ、許可も下りたことだ、謁見と行こうじゃないか」
與鷹(よたか)「謁見って……」

一同「なっ!?」
 そして、その奥には、一人の女性がいた……いや、彼女はどこからどう見ても人魚である。
 人魚のドレスコードとはコレ!とでも言わんばかりにホタテ貝の貝殻で作ったビキニ(だけ)を装着した女性が
そこにはいた。
総介「お前は根布照須(ねふてす)一家の首領、根布照須殄壊(ねふてす・たえ)で間違いないな?」
根布照須殄壊(ねふてす・たえ)「私のことを知っているのか……」
化野梶太郎(あだしの・かぢだろう)「ってぇことは、抗争に巻き込まれて死んだってのは嘘だったってワケだな!」
殄壊(たえ)「はぁ、そんなことになっておるのか……」
 ちなみに、この殄壊(たえ)はもうかれこれ百何十年も生きた女傑である。
 そして彼女の無茶苦茶な名前……それは根布照須(ねふてす)一家が不老長寿だからである。
 普通の人間のように、早く死ねるようにという願い(いや、それ、よく考えなくても呪いだから……)を込めて
忌まわしき漢字を使われるようになったのだ。
殄壊(たえ)「ちぃとばかし人の姿を保てなくなったから、ここに引きこもっていただけなのだがのう……」
與鷹(よたか)(いや、その変化を『ちっとばかし』で済ますのはどうかと思うが……)
殄壊(たえ)「で、瀬戸の花嫁たる私に何の用があるのだ?」
與鷹(よたか)「いや、瀬戸の花嫁って……」
 確かに人魚で任侠だけど……
山咲(やまざき)桜「ははぁ、根布照須(ねふてす)だけに瀬戸の花嫁というわけですね」
一同「いや、どういうこと?」
 唐突に呟く桜に一同はぽかんとする。
総介「なるほどな……」
與鷹(よたか)「いや、総。納得してないで教えてほしいんだが……」
 そんな中、総介は一人、納得する。
桜「エジプト神話において、ネフティスはセトの妹と呼ばれています」
一同「いや、花嫁ちゃうやん!」
 一同、盛大な突っ込みであった。
※まぁ、神話の世界では近親婚はよくある話だし

#6
桜「もともと瀬戸内海とは瀬戸の内海……そして、そこに嫁ぐ瀬戸の花嫁は、瀬戸の正式な後継者と言っても過言
ではないでしょう」
與鷹(よたか)「そう……か?!……そうなのか?」
 なんだかよく分からない理論であった。
 つまり、根布照須(ねふてす)一家は瀬戸内海の妹を自称するトンでも集団だった……わけはないな。
與鷹(よたか)(そんなことよりも、さっきの『人の姿を保てなくなった』って発現、聞き捨てならなすぎるんだけど)
 なんでみんなサラっと流せてるのか、與鷹(よたか)にはそれが不思議でならなかった
※あまりに自然すぎて聞き逃しただけなのかもしれませんが

総介「さて、無駄話はこれくらいしにして単刀直入に用件を話そう……俺たちがここへきたのは、貴様の持つヴァ
ルカナを譲ってもらうためだ」
殄壊(たえ)「ばる、仮名ぁ!?」
梶太郎(かぢだろう)「おうよ!隠すとためにならないぜぇ?」
與鷹(よたか)「それじゃこっちが悪人だよ」
 頭を抱える與鷹(よたか)であった。
桜「ヴァルカナというのは透明なタロットカードのようなもので……」
殄壊(たえ)「なるほどのぉ……要するに千社札のようなモノか」
梶太郎(かぢだろう)「なんだって、せん、じゃふ、だぁ!?」
與鷹(よたか)「なんだろう、この……ジェネレーションギャップみたいなナニカは!?」
 まぁ、実際に百年ほど年齢の隔たりがあるわけですからね
殄壊(たえ)「ふむ……」
 そして暫し考え込む殄壊(たえ)與鷹(よたか)(あれ?ちょっと待て……)
 與鷹(よたか)もふと、ある事を思い出す。
 ヴァルカナリアクターはヴァルカナを奪われない限り不老不死となるが、ヴァルカナリアクターからヴァルカナ
を奪い去れるのは同じヴァルカナリアクターのみ。
 百年の歳月を生きたお殄壊(たえ)さんはどう考えてもヴァルカナリアクターなのではないだろうか?
殄壊(たえ)「まぁ、よかろうて……」
與鷹(よたか)「えぇ!?」
 そんなアッサリと……そう思いつつも與鷹(よたか)は先程の考え……悪い予感がぬぐえない。
 お殄壊(たえ)さんがパンパンと手を叩くと、ズリズリズリと何か引きずるような音とともに、一人の半魚人が箱を持っ
てくる。
※引きずるような音は箱を引きずっているのではなく、半魚人だから陸を移動する際の移動音です
一同「そ、それはッ!」
 紐で結ばれた漆塗りの箱……誰もが知る言葉で表現するならば、玉手箱。それが一行の目の前に差し出された

#7
梶太郎(かぢだろう)「持って行ってもいいが、老衰する覚悟があるならってか?」
殄壊(たえ)「お前は浦島太郎の読みすぎじゃ」
 スパっと切り捨てられる梶太郎(かぢだろう)であった。
殄壊(たえ)「そんなに開けるのが怖いなら私が明けてやる」
 と、玉手箱を開けると、あら不思議、ボワンと煙が立ち込めるではありませんか。
 これはマジで老衰するんじゃ!?……なんて馬鹿な考えをしてみたが、煙が立ち上るだけで何も起こらなかった
 いや、何の演出なの!?
 そして、箱の中には透明なタロットカードが一つ。VIの数字と天空に矢を番えた天使、地上で二人の女性が一人
の男性にアプローチするような構図が描かれていた。
 《恋人(ラヴァーズ)》のヴァルカナであった。
與鷹(よたか)「でも、いいのか?」
殄壊(たえ)「コレがここにある限り、またお前や奴らみたいなのが襲ってくるのであろう?ならば、お前らに渡しておく
ほうがマシなだけだ!」
 まぁ、何はともかく、ヴァルカナをゲットできたのでよしとすればいいのだろうか
 と、言うわけで一行は海底霊廟を後にするのであった。


END

前の話へ  戻る  次の話へ