Eighter -Scarlet Nocturne-
4ther 〜嵐を呼ぶ異能影傑(リアクター) B〜



#3
出音(でおん)・グロウシュベル「さぁ!答えてもらおうか!《ザ・テンペスト》についてを!」
 ズビシっと剣を突き付けて出音(でおん)が吠える。
クラブの3「クッ……」
クラブの4「馬鹿な……」
クラブの5「確かに俺たちは正確にはヴァルカナリアクターではなくデミカナリアクターであるとはいえ、三人を
一瞬で!?」
クラブの3「きっ、貴様は何故《ザ・テンペスト》のことを?」
出音(でおん)「姉さんの仇、だから殺す!」
 出音(でおん)の姉、璃愛(りあ)というそうだが、彼女は数年前、《ザ・テンペスト》に殺されたのだという。
 そして、姉の敵討ちのために出音(でおん)は立ち上がったのだ。
クラブの5「フッ、確かに貴様は強い……だが、貴様では《ザ・テンペスト》には勝てん!」
出音(でおん)「何を?!」
 そんなこと、やってみなけりゃ分からない!
*「誰が誰を殺すって……随分と面白い話をしているなぁ、えぇ!?」
 そんな折、新たなる人物がそこへやってくる。
一同「なっ、誰だ!?貴様は……」
 全身真っ白なスーツを着込んだサングラスの、その漢は静かに告げる
*「俺は荒曲井(あれくせい)ソカタ」
 そんな名前を告げられても、ピンと来ない一行であった。
 しかし、ノース光輪結社の連中は違った。
クラブの5「……そんな名前よりも、もっと、知られた通り名ってモンがアンタにはあるだろ?」
梓與鷹(よたか)(おいおい……もしかしてあいつは……)
荒曲井(あれくせい)ソカタ「……そうよな、人は俺のことを《ザ・テンペスト》と呼……」
出音(でおん)「貴様ァアアアアアッ!」
 自己紹介が終わるよりも先に出音(でおん)が雄叫びとともに一足飛びにかかる
出音(でおん)「姉さんの仇ィッ!死ねッ!彗天八極剣(すいてんはっきょくけん)、壱の秘剣ッ!陽明閃刃破(ようめいせんじんは)ッ!」
 キキィンッ
 目にも止まらぬ速さで刃が二度煌めく。その剣閃は確実に相手を切り裂いた……かに思われた。しかし……
ソカタ「いい技だ……だが、温いな……」
出音(でおん)「なっ、にっ!?」
 しかし、《ザ・テンペスト》には届かない。
クラブの5「ハハハハハッ!だから言っただろうが……貴様では《ザ・テンペスト》には勝てんと!」
出音(でおん)「五月蠅いッ!黙れッ!」
ソカタ「死合の最中に談笑とは余裕だな」
出音(でおん)「ざけんな、この野郎ッ!」
 怒りとともに出音(でおん)は滅茶苦茶に剣を振るう。

#4
クラブの5(《ザ・テンペスト》が出張ってきたとあれば、長居は無用……)
 そして、もはや撤退を視野に入れているノース光輪結社。
クラブの3(し、しかし……)
クラブの5(今回見つかったのはヴァルカナではなく、ヴァルカナリアクターだ……つまり、我々の手に負えん)
クラブの4(ぐっ)
クラブの5「貴様らもここに長く留まると痛い目にあうぞ」
梓與鷹(よたか)「何だと!?」
 カカッ
一同「うぐっ!?」
 そんな捨て台詞を残し、ノース光輪結社は閃光と共に消ゆ
與鷹(よたか)「くそっ、逃げた!?」
(かみ)総介「まぁ、奴らのことはいい……」
 今は《ザ・テンペスト》を名乗る漢をどうにかする方が先決だ。
化野梶太郎(あだしの・かぢだろう)「おっしゃ!俺様の出番だな!」
與鷹(よたか)「いや、何もお前の出番ってわけじゃ……」
 と、與鷹(よたか)が突っ込むよりも先に突っ走って行く梶太郎(かぢだろう)梶太郎(かぢだろう)「手ぇ貸してやんぜ!」
出音(でおん)「要らねぇっつってんだろうが!」
梶太郎(かぢだろう)「お前、キれると言葉遣い悪すぎだろ……」
 美人が台無しだな……なんて心の中で突っ込む梶太郎(かぢだろう)。
 それほどまでに出音(でおん)にとって姉は偉大だったのだろうか……
ソカタ「フッ、何人来ようとも、無駄だ……」
梶太郎(かぢだろう)「あぁ!?てめぇ、俺の双虎拳(そうこけん)を馬鹿にしてんのか!?いい度胸じゃねぇか!死ねこらッ!極彩虎襲(ごくさいこしゅう)!」
 ドゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ
 繰り出される拳打の嵐……しかし、《ザ・テンペスト》は涼しい顔をしてそれを受け止める
ソカタ「言っただろう……無駄だと……」
梶太郎(かぢだろう)「てめぇ……」
與鷹(よたか)「なっ、なんだアイツ……強さが異常だぞ……」
総介「アレがヴァルカナリアクターの真の力って奴なんだろうな……」
ソカタ「ハッ!」
梶太郎(かぢだろう)「ぐげっ!?」
 梶太郎(かぢだろう)の一瞬の隙をついて拳を繰り出す《ザ・テンペスト》……その一撃で無様に吹っ飛ばされる梶太郎(かぢだろう)。
 そして、その拳を見て、総介はぽつりと呟いた。
ソカタ「そうとも……俺は奴らのような紛い物ではなく、真のヴァルカナリアクターよ」
 見せつけるように拳を突き出す《ザ・テンペスト》
 そこにはXXIの数字が刻まれていた。
※まぁ、刻まれていたって言っても実際に刻まれているわけじゃなく、タトゥーみたいな感じなのですが……
 その数字が示すモノは《世界(ザ・ワールド)》である……


続

前の話へ  戻る  次の話へ