Eighter -Scarlet Nocturne-
3rder 〜剥がれし鍍金(メッキ)野郎 C〜



#5
化野梶太郎(あだしの・かぢだろう)「ったく、何だってんだ」
梓與鷹(よたか)「こっちも失敗って感じだ……帰るぞ」
梶太郎(かぢだろう)「ハッ、失敗だぁ!?双狼拳(そうろうけん)も使えねぇな」
 ズドンッ
梶太郎(かぢだろう)「げふぅ!?」
 口は禍の元である。與鷹(よたか)にぶん殴られて梶太郎(かぢだろう)の意識はそこで一時途絶えることとなった。

 天四斗(あまよと)、Eighter本部
梶太郎(かぢだろう)「はっ!?ここはどこだ!」
山咲(やまざき)桜「Eighter本部ですが、何か?」
梶太郎(かぢだろう)「いや、別に……」
 それはさておき、今回の敵について情報を整理しておかなくてはならない
與鷹(よたか)「しかし、奴らは何者だったんだ?」
(かみ)総介「おそらくは、奴らはノース光輪結社だろう……」
一同「ノース光輪結社ぁ?!」
 聞いたこともない組織に一同はぽかんとする
白拍子かんな「ノース光輪結社……イエズス会の対極に位置する狂信の集団ですね」
 と、そこへすかさずかんながレムリアで検索した情報を開示しつつ会話に入ってくる。
梶太郎(かぢだろう)「はぁん、ノースってのは北って意味じゃなくイエスの反対ってことか」
※いや、イエスキリストの『イエス』の対義語が『ノー』ってそれ、なんか違うだろ……
與鷹(よたか)「総、でも、どうしてそんなことがわかるんだよ?」
総介「フッ、奴らが合言葉のように使うフレーズがある」
一同「それが『イエスキリストノータッチ』か!」
 謎は全て解けた!
與鷹(よたか)(ってか、『イエスキリストノータッチ』って絶対キリストを馬鹿にしてるだろ……)
 思わず心の中で盛大に突っ込む與鷹(よたか)であった
與鷹(よたか)「あとはヴァルカナとかナントカ術って奴だが……」
*「なるほど……ヴァルカナ……ヴァルカナと呼んでいたのね……」
一同「うおおお!?」
 と、その時、突如として出現するデミウルゴスに一同は驚きを隠せなかった。
 と、言うか、心臓に悪い出現の仕方である。
與鷹(よたか)「お前は、その……ヴァルカナについて何か知っているのか?」
デミウルゴス「……」
 無言でかんなのもとへ迫るデミウルゴス。かんなはデミウルゴスがレムリアを使いたいんだということを察知し
てレムリアをデミウルゴスに渡す。
デミウルゴス「おそらくは、これでしょうねぇ……」
 そして、デミウルゴスはレムリアから検索した情報を開示する。

#6
 百万朱版の転生大聖印(ヴァーミリオン・リィンカネーション)……と空間スクリーンには映し出されていた
與鷹(よたか)百万朱版の転生大聖印(ヴァーミリオン・リィンカネーション)?」
かんな「略してヴァルカナ……ですかね」
桜「クリアカードで出来たタロットカードのようなもの……」
 簡素な説明をぼそりと読み上げると一同は唖然とする。
與鷹(よたか)「ちょっと待て、それって……」
 既にEighter本部で一枚管理しているアレである。
総介「タロットカードのようなものである以上、一枚ではあるまいとは思っていたが……」
與鷹(よたか)「ってか、効果とか一切情報がないんだが……」
 そう、空間スクリーンに表示されたのは名前位の簡単な情報のみだった
デミウルゴス「場違いな影の遺物(シルエット・オーパーツ)ですからねぇ……」
一同「……」
 場違いな影の遺物(シルエット・オーパーツ)を場違いな白き遺物で調べるのはお門違いだってことがよくわかる瞬間であった。
デミウルゴス「まぁ、私が知っていることを付け加えるならば……そのヴァルカナを取り込んで力を行使する存在
のことをヴァルカナリアクターと呼ぶ……」
與鷹(よたか)「まぁ、ヴァルカナリアクターって言うからにはそうなんだろうなぁ……って思うけど……」
※ちなみに、余談だが幽闘術とはこの世ならざる力を行使して戦う術。正しくはこの世界に存在しないはずの力を
 行使する術のことで、ヴァルカナリアクターが使用する戦闘術のことであると思っていただければよいかと
総介「少しは見えてきたな……」
梶太郎(かぢだろう)「どういうことだ?」
與鷹(よたか)「ヴァルカナ争奪戦が始まるってことだろうよ……」
 いや、既に始まっているのかもしれないが……
梶太郎(かぢだろう)「要するに、有マ幇(ユーマハン)とノース光輪結社をぶっ倒してヴァルカナを集めればいいってことだろう?」
與鷹(よたか)「簡単に言ってくれるな、お前は……」
デミウルゴス「敵対組織がその二つだけならいいけどね……くすくすくすくす」
與鷹(よたか)「おい、不吉なことを言うなよ……」
 と、突っ込みを入れようとしたら、デミウルゴスは自分の影に沈んで消え去っていく最中だった。
與鷹(よたか)「ったく、好き勝手言って去っていきやがって……」
かんな「もうひとつ、置き土産があるみたいですよ」
一同「え!?」

#7
 いつの間にか空間スクリーンにはヴァルカナ以外のものが表示されていた。
 百万朱版の転生小聖印(ヴァーミリオン・トランスマイグレーション)と……
與鷹(よたか)「ヴァルカナ以外にもこんなのもありますってことか?」
梶太郎(かぢだろう)百万朱版の転生大聖印(ヴァーミリオン・リィンカネーション)が略してヴァルカナなら、百万朱版の転生小聖印(ヴァーミリオン・トランスマイグレーション)は略するとどうなるんだ?」
一同「いや、知らんがな……」
桜「警部……」
総介「フム……」
 ヴァルカナが大アルカナ(タロットカード)を模しているのならば、この百万朱版の転生小聖印(ヴァーミリオン・トランスマイグレーション)は小アルカナを模しているのだろう。
 そして、百万朱版の転生小聖印(ヴァーミリオン・トランスマイグレーション)を取り込んで力を行使する存在もまた、ヴァルカナリアクターと言うのであろう
※ちなみに、明示的に区別する際はデミ・ヴァルカナリアクター、あるいはデミカナリアクターと呼びましょう
総介「やれやれ、厄介なことになってきたもんだな……」
與鷹(よたか)「そうか?厄介なってのはいつものことのような気がするがな……」
 なんか感覚がマヒしてきている気がしますが、気のせいです
総介「フッ、違いない」
梶太郎(かぢだろう)「ヘッ、何が来ようが双虎拳(そうこけん)の敵じゃねぇぜ!」
 随分と無駄に威勢のいいこって……
 しかし、場違いな影の遺物(シルエット・オーパーツ)がオーパーツである以上、Eighterとしてはそれを回収して管理する義務がある。
 ここから、ヴァルカナを巡る戦いが始まるのだった


END

前の話へ  戻る  次の話へ