Eighter -Midnight Howling-
27ther 〜心冬にして絶望深 A〜



#0
 法改正に伴い『消える特少帰り』……だが、そんなこととは別に本当に御勤め御苦労な非行少年が行方を晦ます
真の意味での『消える特少帰り』事件が発生……
 そこには新たなる高位の場違いな黒き遺物ネガティヴ・オーパーツ泥諏でぃすクォヴァの姿があった
 そして、奴を追い詰めて駆逐しようとしたところ、けいが何故か推参……

#1
泥諏でぃすクォヴァ「良く見えおけ!これが可能性の魔獣の緋カーディナル・ビーストの真の姿だ!」
梓與鷹よたか「なっ」
 前髪に隠れていた目……そして、一本角が付いたカチューシャ
 そんな姿をしていた可能性の魔獣の緋カーディナル・ビーストが今や、前髪はオールバックとなり隠れていた眼が怪しく光り、一本角が
飛び出ていたカチューシャのその一本角は半分に割れていた
與鷹よたか(こいつは……ヤバイ……)
 さっきまでもヤバげな雰囲気が漂っていたが、今は更に悪化したのが空気で分かる
 流石のけいもこんなバケモノ相手には出来ないだろうと考え與鷹よたかはかんなを動かそうと試みるのだが
かみ総介「……」
 すっとそれを制止する総介
與鷹よたか「総」
総介「まぁ、落ちついて最後まで見ておけ」
與鷹よたか「いや、落ちつけって……」
白拍子かんな「……」
 本当に危ないときは私が出ますとかんな

天然蛍あましか・けい「……まだなの〜、本当に眠くなってきちゃったよ……」
 ふぁ〜と欠伸を一つ。
 それは余裕ではなく、本当に眠いのだからけいは凄い
クォヴァ「ふふふ……待たせたね……でも、ここから先、お前にターンはない」
 ヒュンッ
けい「ん?」
 次の瞬間、音もなく背後に忍び寄る可能性の魔獣の緋カーディナル・ビースト……そして、その目が怪しく光る
けい「おわっ、危なッ」
 ドガッ
 既の所で回避……と同時に、けいの居たところに拳で大穴があく
クォヴァ「ふふふ、それで回避したつもりか!愚かめ!」
けい「え?」
 次の瞬間には再びけいの傍で怪しく目を輝かせる可能性の魔獣の緋カーディナル・ビースト
 そして、放たれる蹴り……を真・炎双刃にてガードするが、虚しくそのまま吹き飛ばされるけい
けい「んぐぅ……」
クォヴァ「フッ」
 更に、間髪いれずにまるでどこぞのイナズマキックみたいな感じでそのなな地面に激突したけいに蹴りを繰り出す
可能性の魔獣の緋カーディナル・ビースト
けい「あんなの喰らったらひとたまりもないね……」
一同「え?」
 直撃……これでジ・エンドに見えたが、しかし、観客(というか見守るかんなら)の背後から何事もなかったか
のように現れるけい
クォヴァ「ッ!また……」
 貴様、一体何をした?
けい「さぁ?夢でも見たんじゃないの?」
 くくいっと首を傾げて馬鹿の一つ覚えのようにそう呟くけいであった

#2
クォヴァ「ええい、どこまでも虚仮コケに……」
 ギリっと歯ぎしりするクォヴァ
総介「……なるほど……」
 そんな中、いち早く全てを察するのは総介である
山咲やまざき桜(あ、では、やはり、そう言うことなんですね?)
 でもって、山咲やまざきも気付き……
與鷹よたか(え?何だ?何が?)
 気付けてないのは與鷹よたかのみ
茜瑙哭セドナ(……あれは神の力……と、いったところか……)
 しかし、それにしては、妙である……
 かんなも神の力を使うことは出来るが、それは茜瑙哭セドナがかんなに力を貸しているからである。
 総介もまた同じ。総介は鬥址偶襾ツァトゥグアの力を借りているからこそ、その御力を使うことができる。(ただ、総介はあ
まり無茶な使い方ができませんが……)
※無茶な度合いで言えば、かんなだって茜瑙哭セドナの力を無茶苦茶に使うことは出来ないけど……
 だが、けいはどうだ……神の如き力を振るいつつも、そこに神の気配は見受けられない
 だからこそ、クォヴァも驚いていた……
 けいはただの人間パーツ風情なのに、ここまで梃子摺てこずることに……
クォヴァ「貴様は一体何だ!」
けい「ん〜〜、なんだろね?」
 神経を逆なでするようなけいの言動……だが、しかし、それは狙ってやったことではなく、けいな真剣に考え込んで
そうしているから余計にタチが悪い
クォヴァ「もういい、死ね!」
 ガンッガガンガギインッ
 四方八方から音もなく飛び掛かる可能性の魔獣の緋カーディナル・ビースト……しかし、そんな魔手を一歩たりとも動くことなく、手を
真・炎双刃だけを動かして止めて見せるけい
クォヴァ(馬鹿な……中位存在とはいえ、場違いな黒き遺物ネガティヴ・オーパーツが……たかが人間パーツ風情に圧されているだと?)
けい「ねぇ、そろそろ飽きてきたから帰っていいかな……」
與鷹よたか「いやいやいや、駄目だから」
けい「え〜」
クォヴァ「そこだ!死ね!」
けい「死にたくないからパスするね」
 ドッ
 けいの背後をついて可能性の魔獣の緋カーディナル・ビーストが一撃を繰り出す……そして、次のけいの動きを見極めるべく、クォヴァも目
を見開いて見極める
 ボウッ
クォヴァ(な……何だ?)
 その時、クォヴァは見た……
 けいの背後に神の気配を……
 それは、紅く、熱く、そして、赤かった……
 見る者が見れば、それはいつもけいと行動を共にする突込魁とつこみ・かい……のように見えただろう
 違うところは……髪の色……かいが青色なのに対して、けいの背後に一瞬浮かんだそれは赤色をしていた……
クォヴァ(アレが……)
 ニヤリと笑みを浮かべるクォヴァ……けいを凌駕する策でも思いついたのだろうか?


続

前の話へ 戻る 次の話へ