Eighter -Midnight Howling-
20ther 〜盗まれしはブリキ野郎 A〜



#0
 ブリキ人形やソフビ人形……それは今の美少女フィギュアやスーパーロボット超合金に比べれば雲泥の差の出来
のチンケな玩具ではあるが……その道の人からすればのどから手が出るほどの逸品である
 そして、これはそんな玩具と店とある種の人間に纏わる一大事件……

#1
 御世事(およこと)大人(ターレン)玩具堂
 そこは、ブリキ人形やソフビ人形など、アンティークな玩具が軒を連ねる御世事(およこと)きってのアンティークショップ
である
 事件はそんなお店で起こった
*「て、店長!こ、これを見てください!」
*「あ?どうした?」
 血相を変えて倉庫へやってくる店員。そして、店長に防犯カメラの映像を見せる
*「なっ、こ、これはッ!」
 そこには一人の男性が棚に飾ってあった一体三十万超過のブリキ人形を堂々を持っていた鞄の中へ詰めて去って
行くという決定意的瞬間が映し出されていた
*「野郎ッナメた真似をしてくれる!」
 そして、店長は思い切った行動にうって出たのだった

 天四斗(あまよと)、Eighter本部
梔曹(くちなし・つかさ)御世事(およこと)大人(ターレン)玩具堂からブリキ人形黎明期に造られたゲキ・ガンガー人形三点百万円相当が盗まれる……か
世の中には物好きな奴もいるもんだな……」
梓與鷹(よたか)「まぁ、その手の人にとってはお宝だからな……」
(つかさ)「これに対し、大人(ターレン)玩具堂の店長、辜木覇図流(つみき・ぱずる)は、犯人が盗み(コト)を起こした決定的瞬間を撮った映像を公開……」
 一応プライバシーを護るために顔にはモザイクがかかっているが、一週間以内に返却されない場合はモザイクを
外すことも辞さない構えとのこと
 後悔したのならば、名乗り出て返却し、公開を取り下げろという話である。
※なぜにダジャレ……

 それはさておいて……御世事(およこと)、某所
*「ブツの奪還に、成功しました」
*「ご苦労だった……」
 机の上に大人(ターレン)玩具堂から盗んできたゲキ・ガンガー人形がおかれている。
*「遂に我らが手にコレが……」
 そのまま漢はゲキ・ガンガー人形をゴキリとねじり上半身と下半身を生き別れにする。
 そして下半身をさかさまにして振り出す。
*「ん?」
 何も入っていない……
 漢はチッと舌打ちをすると隣のゲキ・ガンガー人形を手に先ほどと同じように……だが、しかし、またしてもそ
の中には何も入っていなかった。
 流石に三度目はまずゲキ・ガンガー人形を手に取り振って中の音を確かめてみる。
 しかし、何か入っているような音はしなかった。

#2
*「どういうことだ?」
 三体目のゲキ・ガンガー人形を壁に叩きつけた後、漢はギロリと部下を睨み付ける。
*「お、お待ちください……」
 冷や汗が止まらない……下手をすれば……殺される。だが、しかし、この漢も馬鹿ではない。盗み出す際に自分
でも振ってみて中にブツが入っているだろうことは確認済みだった。
*(どこで消えた……アレは……どこで!?)
 店で確認して盗んでからここに持ってくるまでには確かに一度も手を触れてはいないため、あり得るとすればそ
の間に盗まれたということになるが……しかし、誰が、どうやって?
*(我らが組織に裏切り者でもいるというのか?……まさか、そんな……)

*「探し物はコレかな?」
一同「誰だ?貴様は!」
 と、そのとき、一行の背後より声がする。
 一同がそこを見ると、闇からヌっと姿を出すのは一人の子供
*「ガキぃ?」
 しかし、そこにEighter一行などがいたらそうは思わなかっただろう。なぜならば、こやつは場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)
の中でも人の姿を持つ悪魔だったからである。
 そして、そんな人の姿をした場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)はここにいる連中が探し求めていたブツ……メモリースティック
を手にしていた。
*「貴様……それをよこせ!」
*「嫌だよ……」
 それに、これはすごく面白そうな代物……折角だから僕が有効活用してあげるよ……と続ける
*「巫山戯(ふざけ)おって」
 ガキだろうが構いやしねぇ、殺せ!という号令を受け部下は懐から拳銃を取り出し射撃
 ガアンンッ
一同「ばっ、馬鹿なッ」
 だが、しかし、そんな銃弾を人差し指と中指のたった二本で挟んで止めて見せる。
 ありえない光景にガタガタと震えが止まらなくなる一行。
*「こんなもので僕を殺そうだなんて……滑稽、滑稽。あまりに滑稽すぎて笑いが止まらないよ……ウフフフ、ウ
フフフフフ……」
 狂気の笑み。それを見て、一行は目の前のガキがとんでもないバケモノだと気付かされる。
*「ウフフフ……君たちも、僕の道具(パーツ)として使ってあげるよ」
一同「何……」
 ずおおおおっ
 次の瞬間、一行は黒い靄のようなものに包まれ、その場に立ち尽くす。
 通常の人間が場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)にかなうはずがないということだ。
*「ウフフフ、ウフフフ……《キツネザルの使徒》……楽しい宴に、招待してあげるよ……」
 そして、その場から彼も姿を消すのであった。
 果たして、場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)は一体どんな手を使って襲い掛かってくるのか
 そして、こいつらが盗み出したブツの正体は一体何か!?


続

前の話へ 戻る 次の話へ