Eighter -Blindness Wizard-
36ther 〜漏斗(ジョウゴ)と新人類の手 C〜



#5
 梶太郎(かぢだろう)とユース……双虎拳(そうこけん)の同門対決?は決着した。
 ならば、あとは当初の目的通りアントノワールを回収するだけだ。
梓與鷹(よたか)「ってか、さっきの死合中韓国はずっと動かなかったのは不思議だよな……」
パク・ルンヤデ「フッ、勝った方を倒せばいいだけの話。無駄な労力は避けるに越したことはないのさ」
(かみ)総介「フン、ならば、始めるか?」
パク「当然よ……まさかアメリカが日本に負けるとは思いもしなかったが……」
 さて、ここから先は私が相手をする!と言わんばかりのパク
 ふおおんっ
 アントノワールもそれに答える感じで宙を舞う。
化野梶太郎(あだしの・かぢだろう)「いいぜ!もう一戦」
與鷹(よたか)「おいおい、大丈夫なのかよ?」
梶太郎(かぢだろう)「と、言いたいところだが、正直キツイ……だからお前に任せるぜ!負けるんじゃねぇぞ!」
 まぁ、そうなるよな……と與鷹(よたか)は思うのであった。
 と、言うわけで、梶太郎(かぢだろう)は後方で桜と福井冬利(ふゆとし)ともに待機だ。
パク「剣だの銃だの……そんなものはもはや時代遅れよ……これからの時代はアントノワールが戦場を支配するの
だ!」
総介「フッ、それはどうかな?」
冬利(ふゆとし)「そうだ!まだ構想の段階だが、アンチ・フィールド・システムが完成すればアントノワールも失墜する!」
※いや、本当にガ〇ダムじゃないんだから……
パク「……なるほど、ならば、ここで貴様を確実に殺しておかねばならぬようだな……行け!アントノワール」
 パクの言葉に呼応するかの如く、アントノワールが走る。
與鷹(よたか)「おらっ!」
総介「ハッ!」
 與鷹(よたか)と総介も応戦するが、まるで意思を持ったかのように動くアントノワールは嘲笑うかのように與鷹(よたか)と総介を
翻弄する。
パク「フッ、勝った!」
 勝ち誇ったかのような笑みを浮かべるパク。
 事実、アントノワールの凶刃は桜らのもとに迫っていた。
與鷹(よたか)「マズイ!」
総介「フッ」
 焦る與鷹(よたか)とは裏腹に、総介は落ち着いていた。
 ズカカッ
パク「何!?」
 その時、パクの予想だにしない出来事が起こった。
 アントノワールが切り払われたのである。
白拍子かんな「……」
 そう、運の女神の手によって!
 さしものアントノワールもかんなの持つ超強運には敵わなかったということだ。

#6
パク「まさか、貴様も俺と同じサイキッカーか!?」
かんな「いいえ、違いますけど……」
パク「……」
 暫くの沈黙……
パク「ンなわけあるかッ!」
 アントノワールの軌道を常人が読むなどありえない!と言った感じのパクだった。
※実際のところ、かんなはアントノワールの軌道を読んでいるわけじゃないからねぇ……
パク「ならば、見せてあげましょう、アントノワール、オールレンジ攻撃を!」
 ゴガガガガッ
 アントノワールを通じてパクの怒りが伝わってくる。そんな荒々しい動きのアントノワールがかんなに襲い掛か
る。
かんな「ですが、無駄なんです……」
 ズガンッバカンッ
 しかし、運の女神たるかんなに怒りに任せた攻撃など通用しない。
 すぐさまアントノワールはかんなの手によって切り払われてしまい、全てが地に落ちるのであった。
パク「馬鹿な……こんなこと、ありえん!」
*「だっ、第二波!すぐ予備のアントノワールをもって来い!」
パク「いや、あるだけ全部だ!」
一同「イェッサッ!」
 直ちに予備を含めてありったけのアントノワールを持ち運んでくる韓国陸軍であった。
 そして、それら全てを操って見せるパク。
 ずおおおんっ
 槍衾(やりぶすま)ならぬ、漏斗衾(ロウトぶすま)……と、いったところだ。
パク「戦いは数だよ!」
※いや、だからガ〇ダムかッ!
パク「これだけの数のアントノワールを相手に手も足も出まい!」
かんな「もう、やめてください……」
パク「断る!」
 日本人の言葉など聞く耳持たずのパク。だが、これ以上アントノワールを……いや、場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)を使うの
であれば、取り返しのつかないことになるのは必定だ。
 しかし、それが分かるのはやはり、Eighter一行のみなのであった。
総介「お前にすべて任せるぞ」
かんな「……はい」
與鷹(よたか)「いや、総……」
 いくら何でも丸投げは酷くないか?と思う與鷹(よたか)だが、総介はアントノワールをかんなにすべて任せると言ったに
過ぎない。
 その間に與鷹(よたか)と協力してパクを無力化するのが作戦というわけだ。
パク「死ね!そして、北方領土を返してもらおう!」
與鷹(よたか)「いや、いきなり何を言い出すんだお前は……」

#7
かんな「鳳鸞舞刃(ほうらんぶじん)!」
 ドゴオンッ
 ちょっとだけ本気を出す……と言わんばかりでかんなは横薙ぎ一閃。剣閃が平安を(もたら)す鳳凰を具現化し、迫りく
るアントノワール全てを破壊する
パク「そんな、馬鹿なぁ!?」
 あまりの出来事に愕然とするパク。それは致命的な隙だった。
総介、與鷹(よたか)「終わりだ!」
パク「はっ!?」
 ドゴオンンッ
 そのまま與鷹(よたか)と総介の挟撃を受け、パクは沈むのであった。

與鷹(よたか)「さてと、これで依頼は完了ってわけだ……」
 場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)の方は総介がこっそりと破壊し、アントノワール本体は與鷹(よたか)の手から冬利(ふゆとし)へ渡される。
福井冬利(ふゆとし)「ありがとうございます!」
ユース・N・パワープラント「そこだッ!」
 しかし、これを待っていました!と言わんばかりにユースが横から掻っ攫う
ユース「アントノワールはアメリカが有効活用してやろう!」
冬利(ふゆとし)「そんなっ!」
総介「フン、それはあれを見てから判断しろ!」
ユース「あぁ?」
 総介が指さす先……そこには芋虫のように地を這うパクの姿があった
パク「どどど、どういうことだ!?手足が、体が……全く動かないぞ!?」
総介「それを使いすぎれば、奴と同じ結果になるんだぞ」
ユース「……」
 力なくアントノワールをその場に落とすユースであった。
 実際には場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)を使ってしまった結果なのだが、この際どうでもいい。
 こうして、アントノワールは日本に戻ってきた。なお、アントノワールを使いすぎても体が動かなくなることな
んてないのになぁ?と冬利(ふゆとし)が首を傾げ続けていたのは言うまでもない。


END

前の話へ 戻る 次の話へ