Eighter -Blindness Wizard-
15ther 〜捩れし存在の相貌(ルックス) A〜



#0
 メタノール女学院、そこはある意味間違ったエスカレーター式の女子高だ。
 そんな女子高の文化祭を舞台に場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)、上位存在たる七罪塔(しちざいとう)が牙を剥く!
 シレントワイザードもまた、それを察知してこの場に集い、Eighterとの三つ巴の死合が今、静かに幕を開ける
(予定)なのである!

#1
 塞微刈音(そっくび・かるね)……それが場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)に唆された今回の犠牲者だ。
 彼女は一体何を求め、場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)に手を出したのか……それはいずれ分かるだろう
※都合により分からないままという可能性も無きにしも非ずですが、まぁ、そんなこともあります。(いや。駄目
 じゃん)
 さておき、彼女は体育館と視聴覚室での上映に紛れて観客から天命(ネフェシュ)を奪っていた。
 だが、事件の元凶たる歪めし水晶体(ディストートレンズ)は既に破壊され、事件は一応の収束を見せる。しかしまだすべては終わって
いない。
山咲(やまざき)桜「あの二人……」
 ド派手な金髪のドリルツインテを持つ女性とポニーテールをドリル状にした結果、チョココロネでも頭にぶら下
げているかのような銀髪の女性。
白拍子かんな「シレントワイザードの魔術師ですね」
 かんなの超運は伊達ではない。
*「ホホホホホ、何をおっしゃっているのかしら?私、シレントワイザードが呪装四天王の一人のエランドラとは
全くの別人ですのよ!」
 いや、誰もそこまで言ってないし……やはり、脳筋の戦闘バカなんてこんなものだ。
*「ちょ、エランドラ様……」
 あんまりなバカ発言に頭を抱える銀髪の女性。
 最早ご存じの通りだが、コヤツはエランドラの部下、Theフキエル、もとい、フキエルである。
かんな、桜、エランドラ、フキエル「……」
 そのまま睨み合う四人。
 しばらくして、口を開いたのはエランドラだった
エランドラ「よくぞ気が付いたな、オイ!……」
桜「姿形は誤魔化せても、気配は誤魔化せませんから」
フキエル「そんな馬鹿な!」
 フキエルが驚きのあまり叫ぶのも無理はない。
 これは女装や変装といったチャチなものではない、魔導書の力を駆使した変身なのだから。
 超運を持つかんなはともかくとして、何の情報もなく見破ってしまう桜の方は明らかに怪訝(おか)しいのだ。
※いや、アニメや漫画でしか見たことのないような髪型をしてる時点で変身に失敗しているとしか言いようがない
 気がしますが……
エランドラ「行け!フキエル!ここは俺が止める!」
フキエル「で、ですが……」
 七罪塔(しちざいとう)のほうはどうするのか?

#2
エランドラ「貴様の力ではあいつは止められないってんだよ!だからとっとと行け!」
フキエル「クッ……」
 フキエルではかんなを止められない。だから、お前は七罪塔(しちざいとう)を追え!というエランドラの命令にフキエルは泣く
泣く従いその場を後にする
かんな「逃がしませんよ」
エランドラ「させるかよ!」
 かんなの前に立ちふさがるエランドラ。
桜「私が彼を追います!」
 そういって、フキエルを追って走り去る桜。

エランドラ「さぁ!死合おうじゃねぇか!」
*「ちょぉ〜〜〜と待ったぁ〜〜〜!」
 一触即発のその時、二人の間に割って入る女子生徒がいる。メタル女祭制作委員会の華豈(かあに)春代だ!
華豈(かあに)春代「文化祭で乱闘騒ぎなんて言語道断!メタル女祭制作委員会の私が許しませんよ!」
エランドラ「何だぁ貴様、邪魔をするなッ!」
春代「そちらさんこそ文化祭を滅茶苦茶にしないでよね!」
 この女、無駄に度胸あるな……
 あるいは、それほどの度胸の持ち主でないとメタル女祭制作委員会は務まらないということか?
※どんな役職だよ!メタル女祭制作委員会って!
かんな「ご迷惑をおかけしてすいません。ですが……」
春代「喧嘩ならグラウンドでやりなさ〜い!」
エランドラ「フッ、俺はどこでだっていいぜぇ!」
 ってか、一般人の言葉に従うのかよ……
 さておき、ならば……と、言うわけでかんなとエランドラはグランドへと移動する。
 更に噂を聞きつけて文化祭を楽しんでいた生徒らも次々とグラウンドへとやってくる。
春代「はいはい。ではこれよりエキシビションマッチを行いま〜〜す。みんな危ないからリングに近づいちゃダメ
よ〜〜」
 そして、いつの間にか司会進行を務める春代。
 命を懸けた死合も、娯楽の一つ……なんて女子高だ!
※ちなみに、かんなの超運のおかげでみんな、気にしてないだけです。いや、なんでもかんでも超運で済ませるの
 もどうなのか……
エランドラ「うぉおお!碧玉の荒ぶる双炎に照らされし灼熱の魔星、その御力、我が刃となりてここに顕現せよ、
シャガイ!」
 ボッ、ボボボボボッ
 魔形刀(マナヒョンド)を手に緑色の炎を集めて大剣を作るエランドラ。
かんな「……」
 かんなも静かに神滅超越者(ラグナロクエクセル)を構える。
 果たして、かんなはエランドラを斃せるのか?!そして、七罪塔(しちざいとう)を止められるのか?
 あと、どうでもいいけど(ヒドイ……)、かれんは大丈夫なのか?


続

前の話へ 戻る 次の話へ