Eighter -Blindness Wizard-
13ther 〜暴食王(ベルゼビュート)は捕縛せり B〜



#3
 サーフィス VS ベルゼビュートの死合は続く。
ベルゼビュート「チッ、さっきから、ちょこまかちょこまかと……」
サーフィス「……」
 高速移動、ときどき攻撃。
 典型的なヒット・アンド・アウェイを仕掛け続けるサーフィスに苛立ちを感じ始めるベルゼビュートであった。
ベルゼビュート(しかも、こいつ……)
 死合の最中、ベルゼビュートはあることに気づいていた。
 そう、サーフィスが全然喋らないこと……では断じてない。
※戦闘スタイルは人それぞれですからねぇ……
 ……サーフィスのスピードが徐々に、確実に増しているということにだ。
 そう、サーフィスは弱気でいつもオロオロしているだけではなく、戦闘面においてもスロースタートなのであっ
た。
 つまり、エンジンがかかるのが遅いってことだ。
 本当、なんでこんな奴がシレントワイザードの四天王になれたのか、不思議である。
サーフィス「そそそ、そろそろ諦めてくれなかな?」
ベルゼビュート「巫山戯(ふざけ)るなよ、人間(パーツ)風情が!」
 弱々しい発言が更にベルゼビュートを苛立たせる。
サーフィス「……じゃ、じゃあ、仕方が……ない……い、いい、痛い目にあってもらうしか……ないな」
ベルゼビュート「図に乗るなよ、人間(パーツ)が!痛い目を見るのはッ」
 フオンッ
 貴様だ!と叫ぶよりも前に、サーフィスがベルゼビュートの背後を取る。
 そしてそのままベルゼビュートの右目めがけて貫きにかかる。
※痛い目に合わせるってか目に激痛を与えるってか、殺す気満々じゃないですか、やだ〜、もう。
ベルゼビュート「うおおっ!」
 ガキンッ
 迫る雷の刃を青ざめたる水(ブルー・デュース)の腹で受け止めるベルゼビュート
ベルゼビュート(今のは流石に肝が冷えた……)
 まぁ、ベルゼビュートは人の姿をした場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)なので"肝"なんてモノはないんですが……
ベルゼビュート「遊びは終わりだ!鋩隕鋩蝕(ぼういんぼうしょく)!」
 ガグンッ
サーフィス「なっ……ななっ?!」
 これぞ、《暴食(グラトニー)》ベルゼビュートの真骨頂!相手の全てを喰らい尽くし無力化する……それは紛うことなく『暴
飲暴食』である。
ベルゼビュート「貴様ら人間(パーツ)風情が、七罪塔(しちざいとう)に敵うなどと思うなよ!」
サーフィス「……少し、驚いた……け、けど……そそそ、それだけだ!」
 いや、もうなんかいっぱいいっぱいにしか見えないんですが……
イオ(再開)
 バリバリッシュ!
 気を取り直して、雷の槍を再構築するサーフィス
※バリバリッシュってアンタ……そのうち炎の召喚呪術の効果音で『モエル〜ワ』とか出てくるかもしれない……
 って流石にそれはないな。

#4
サーフィス「野に咲く雷鳴(ビルトブルーネ・ブリッツ)!」
 ビシャアッ
 雷の刃が花を咲かせる。
ベルゼビュート「無駄だ!鋩隕鋩蝕(ぼういんぼうしょく)!」
 サグムッ
 青ざめたる水(ブルー・デュース)を手に戦闘態勢に入ったベルゼビュートに死角はない!
サーフィス「野に咲く雷鳴!」
ベルゼビュート「鋩隕鋩蝕(ぼういんぼうしょく)!」
 ビシャガガァムッ!
 かくて、根競べが始まる。
 ……ただ、普通に考えれば、人間(パーツ)であるサーフィスの方が圧倒的に分が悪い。
 よく考えなくともわかることだが、ベルゼビュートは攻撃と同時に相手を喰らう。つまりは、回復が同時に行わ
れているようなものである。
イオ(警鐘、残量、消耗)
 イオもイオで無口ってかカタコトしか喋ってないってか……
 ただ、それだけでも言わんとしていることは分かる
サーフィス(ままま、まずい……こここ、こ、このままでは……)
 いずれサーフィスが限界を迎えるのは必至。
イオ(撤退?)
サーフィス(いや……)
イオ(倍押)
※『倍プッシュ』を『倍押』って……二字熟語縛りか!
 だが、サーフィスの方もこれまでの時間を経て、(ようや)くエンジンがかかりだした状態でもある。
 ならば、イチかバチか賭けに出てみるのも一興。
ベルゼビュート「そろそろ理解したか?貴様がどう足掻こうとも無駄だということを」
サーフィス「……」
 ベルゼビュートの言葉を聞いて聞かずか、サーフィスは雷の槍を解除、魔形刀(マナヒョンド)を懐にしまう。
ベルゼビュート「理解が速くて助かる。……さて、とっとと帰りな、無になぁッ!鋩隕鋩蝕(ぼういんぼうしょく)!」
 ガボンッ
 次の瞬間、サーフィスがいた場所が刳り取られる。ベルゼビュートが空間ごと食らいつくした結果だ。
 だが、ベルゼビュートが技を繰り出すほんの一瞬手前でサーフィスが高速移動し、そのままベルゼビュートの背
後へ移動するサーフィス
サーフィス「七元徳(ななげんとく)、《節制(ソプロシュネ)》のラジエル」
 ガシャコッ
 ベルゼビュートの首筋に突き刺さるUSBメモリ、もとい、七元徳(ななげんとく)。
ベルゼビュート「ふん、こんなもので……なっ!?馬鹿なッ!こっ、これはぁあッ!?」
 その直後、ベルゼビュートの瞳がクワっと見開かれる。
ベルゼビュート「貴様、人間(パーツ)風情が、naぜこre……wo……」
 そして、ガクガクと小刻みに震えだすベルゼビュート
ベルゼビュート「……triGon0、OS初期設定プログラムを開始します……この度は場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)七罪塔(しちざいとう)をご
利用いただき誠にありがとうございます。メインメニューです……」
 抑揚のないシステムボイスで突如喋りだすベルゼビュート。
 場違いな黒き遺物(ネガティヴ・オーパーツ)、その上位存在たる七罪塔(しちざいとう)が陥落した瞬間であった。


続

前の話へ 戻る 次の話へ