Eighter -Scarlet Nocturne-
13ther 〜極彩(いろ)無香(におえど)を散る C〜



#5
梓與鷹(よたか)「くっ……聖狼躱虚(しょうろうたうろ)!」
 ドゴオンッ
 しかし、與鷹(よたか)には相手のいかなる技も回避してカウンターを叩き込めるというチートじみた奥義がある。
 大雪山おろしからのミサイルという二段構えの攻撃も、與鷹(よたか)の前にはあまり意味をなさない。
與鷹(よたか)「な、何ぃ!?」
 天狼甲ショロトルを纏った與鷹(よたか)の拳が熊豹鷲コンボの戦士に炸裂するかに思われたが、しかし、インパクトの瞬
間に熊豹鷲コンボの戦士は熊、豹、鷲の部分に分離して難を逃れる。
※はい、どこからどう見てもオープンゲ〇トです。ありがとうございました。
與鷹(よたか)「無茶苦茶だな……」
 與鷹(よたか)がぼやいている間に、分離した三つは再び一つにまとまり熊豹鷲コンボの戦士となる。
新田姜馬(きょうま)「これはどうやら一筋縄ではいかないな……」
 姜馬(きょうま)もそんなことを呟く。
 おそらくは似たような方法で自分が繰り出した技を回避されたのだろう。
姜馬(きょうま)「だが、分離合体するような奴は合体の瞬間が狙い目!」
與鷹(よたか)「狙えれば……だがな」
 だが、果たしてそううまくいくものだろうか……
 言い出したからと、いうわけでもないが、まずは姜馬(きょうま)が手本を見せる。
姜馬(きょうま)滑空する氷輪(ゲフリーレン・グライテン)!」
 最初はリング状の氷刃で牽制。当然、鷲豹熊コンボの戦士はトマホークをぶん投げてこれに応戦。
姜馬(きょうま)氷河で騒乱せし猫の九尾(グレッチャー・レルム・カッツェ)」
 しかし、それは鷲豹熊コンボの戦士に斧を手放させる作戦に過ぎなかったのだ。
 次は猫のような氷の魔獣を打ち出してオープン〇ットを誘い込む。
※これでゲッ〇ービームが出てきたら計画は破綻しますね
 そして、姜馬(きょうま)の思わく通りに鷲豹熊コンボの戦士はオープン〇ットして迫る氷の猫獣を回避。
 そのまま姜馬(きょうま)の背後を付くべく、後ろに回り込んでからゲッター〇ェンジ。
姜馬(きょうま)「だが、これでおわりだ……吹雪く悲鳴に山猫と輪刃廻舞(ゲシュテーバー・ゲシュライ・ルクス)!」
 ガキャアアアンッ
 禍々しい冷気を纏った山猫がゲッター〇ェンジしようとした鷲豹熊コンボの戦士を周辺毎凍り付かせる。
 更に念には念をと、いう事で巨大な爪を彷彿させる形状のカタールをもってして凍り付いている鷲豹熊コンボの
戦士を砕きにかかるのだった。

#6
與鷹(よたか)(さて、俺も負けてはいられないな……)
 しかも、鷲豹熊コンボの戦士が敗北したことを察知したのか、熊豹鷲コンボの戦士が警戒を強める。
與鷹(よたか)(同時に倒せばよかったか……いや、今はそんなことを悔やんでいる場合ではないな……)
 熊豹鷲コンボの戦士の肩鎧が開くと同時に再び石(つぶて)與鷹(よたか)に迫る
與鷹(よたか)「だが、それはもう当たらない!」
 しかし、與鷹(よたか)聖狼躱虚(しょうろうたうろ)で回避と同時に距離を詰める。
 そして、一側一等の間合いに入った次の瞬間、鷲豹熊コンボの戦士の胸鎧が開くと連弩(れんど)が出現!矢の雨が與鷹(よたか)に
襲い掛かる
與鷹(よたか)「うおおお!?」
 流石にこれには與鷹(よたか)も面食らう。
※これ、ゲッ〇ー3じゃなくてヘビー〇ームズだな
與鷹(よたか)「くっ……」
 だが、與鷹(よたか)は両手の天狼甲ショロトルを盾替わりに迫る矢を防ぐ。
 やがて矢尽き、弾切れる……ここまできたら、あとは肉弾戦でケリをつけるのみだ。
與鷹(よたか)神狼九断(しんろうくだん)翳噛(えいごう)!」
 ドガガガガガガガガガッ
 九つの拳打が、鷲豹熊コンボの戦士に炸裂……しかし、鷲豹熊コンボの戦士はオープン〇ットしてそれを回避す
ると、先ほど姜馬(きょうま)に対してとった行動と同じように與鷹(よたか)の背後にてゲッター〇ェンジを試みる。
 ドゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ
 しかし、神狼九断(しんろうくだん)翳噛(えいごう)とは隙を見せぬ二段構えの拳。撃ち込んだ実体の拳にプラスして影の拳が敵を撃つ!
 そして、それは何も直後に前方にたいしてのみ打ち出せるというわけではなかった。今回は鷲豹熊コンボの戦士
がゲッター〇ェンジするタイミングを見計らって背後に向けて影の拳が放たれたのだった。
姜馬(きょうま)(一人連携……と、言ったところか……)

與鷹(よたか)「ふぅ……」
 どうやら終わったようだということで一息つく與鷹(よたか)。
 しかし、状況は待ってはくれない。
 ズゴゴゴゴゴゴッ
與鷹(よたか)「な、なんだ!?」
 突如地震の如き揺れがサンタ・アナ大神殿を襲う。
姜馬(きょうま)「ヴァルカナを手に入れたら、とっとと逃げないと死ぬぞ……と、いうことらしいな」
與鷹(よたか)「くそっ!巫山戯(ふざけ)やがって!」
 やっぱ最初からヴァルカナを誰かに託すなんてこと考えてないんじゃないか!?
 そんなことを考えつつも、與鷹(よたか)姜馬(きょうま)は急いで撤退するのであった。

#7
化野梶太郎(あだしの・かぢだろう)「おう!どうやら生きていたみてぇだな!」
 脱出した先では梶太郎(かぢだろう)出音(でおん)、それに有嗎幇(ユーマハン)のメンツが揃っていた
姜馬(きょうま)「そっちも無事だったようだな……」
出音(でおん)・グロウシュベル「あぁ、クァクァウティンを何とか返り討ちにしたと思ったら今度はイーグルとジャガーと
ベアーが合体した戦士がでてきて大変だったぜ……」
與鷹(よたか)姜馬(きょうま)「……」
 弟音の言葉に思わず顔を見合わせる與鷹(よたか)姜馬(きょうま)であった。
 話を聞く限り、どうやら豹熊鷲コンボの戦士はそちらに現れたようだった。
古畑呂司(りょうじ)「ヴァルカナは……」
姜馬(きょうま)「手に入れた……」
 そこの與鷹(よたか)がな……とも付け加える姜馬(きょうま)御御脚(ユウ・ユウジャオ)「では、長居ハ無用だな……」
與鷹(よたか)「……本当にいいのか、俺たちが持っていても?」
姜馬(きょうま)「ノース光輪結社の手に渡らないのであれば、問題ない……」
 そう言い残すと有嗎幇(ユーマハン)の面々は去っていくのであった。
出音(でおん)「……俺たちもノース光輪結社に見つかると面倒だ、帰ろうぜ」
與鷹(よたか)「あぁ、そうだな……」
 かくて、Eighter一行も日本へと戻るのであった。
 有嗎幇(ユーマハン)のこの判断は、Eighterとこれからも手を組めることを示唆しているのだろうか?


END

前の話へ  戻る  次の話へ